映画「DEEMO」に日向坂46の丹生明里が出演、正式タイトルも発表

3038

劇場アニメ「DEEMO THE MOVIE」の正式タイトルが「DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-」に決定。追加キャストとして丹生明里(日向坂46)が仮面の少女役で出演することも明らかになった。

丹生明里(日向坂46)のアフレコの様子。

丹生明里(日向坂46)のアフレコの様子。

大きなサイズで見る(全18件)

仮面の少女の紹介画像。

仮面の少女の紹介画像。[拡大]

これは現在オンラインで開催されている「AnimeJapan 2021」内の「DEEMO THE MOVIE」のステージで発表されたもの。仮面の少女は不思議な城の中で暮らす住人の1人で、その行動は謎に満ちている。このほか映画の特報映像も公開された。

スマートフォン用の音楽ゲームアプリ「DEEMO」を原作とする「DEEMO THE MOVIE」は、城で1人ピアノを奏でていた謎の存在・Deemoのもとに、空から記憶を失った少女が舞い降りてくることから始まる物語。アニメーション制作をSIGNAL.MDが担当し、Production I.Gがサポートで参加している。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

この記事の画像・動画(全18件)

劇場版「DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-」

スタッフ

原作:Rayark Inc.「DEEMO」
脚本:藤咲淳一、藤沢文翁
総監督:藤咲淳一
監督:松下周平
副監督:平峯義大
キャラクターデザイン:めばち
イメージボード:吉田ヨシツギ
美術:小倉宏昌
美術設定:吉田大洋
色彩設計:片山由美子
CGディレクター:三階直史
3DCG制作:レイルズ
撮影監督 :江面久
グレーディング:齋藤瑛
編集 :村上義典
音響監督 :明田川仁
音響制作 :マジックカプセル
主題歌:梶浦由記
主題歌歌唱:高島一菜
制作:SIGNAL.MD、Production I.G
製作:ポニーキャニオン

キャスト

アリス:竹達彩奈
仮面の少女:丹生明里(日向坂46)ほか

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

日向坂46のほかの記事

リンク

(c)2020 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 日向坂46 / 藤咲淳一 / 梶浦由記 / 竹達彩奈 / DEEMO THE MOVIE の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。