「おそ松さん」第3期、明日放送の最終回は「らしさがにじむ終わり方」と櫻井孝宏

1337

アニメ「おそ松さん」第3期のイベント「最終回直前スペシャルステージ」が、本日3月28日にオンラインで開催中の「AnimeJapan 2021」内にて行われ、おそ松役の櫻井孝宏、チョロ松役の神谷浩史が登壇した。

左から櫻井孝宏、神谷浩史。

左から櫻井孝宏、神谷浩史。

大きなサイズで見る(全2件)

TVアニメ「おそ松さん」第3期のメインビジュアル。

TVアニメ「おそ松さん」第3期のメインビジュアル。[拡大]

明日3月29日に最終回を迎えるアニメ「おそ松さん」第3期。櫻井と神谷は第3期の印象に残っているエピソードを振り返り、第17話の「芋煮」、“おそ松おじさん”が登場した第15話の「おじさん」についてトークを繰り広げる。視聴者が気になったエピソードについて語る「おそ松事件簿」というコーナーの中では、2人が身の回りで起きた“事件”を明かす一幕もあった。また櫻井と神谷が自身の演じるキャラクターを描く「お絵かき選手権」も開催されるなど、盛りだくさんの内容で展開。なお「お絵かき選手権」で描かれたイラストは、「おそ松さんファンクラブ」の会員にプレゼントされる。

最後の挨拶では、神谷が「3期まで続いていること自体が奇跡」としつつ、「3期まで続いちゃったら、またいつ再開してもおかしくないんじゃないかという気持ちで最終回を迎えられた」とコメント。櫻井は「1期、2期、3期と、それぞれ色は違うけど、どこから見ても面白い」「3期から入った人は遡って観てほしい」とアピールし、最終回について「らしさがにじむ終わり方なので、ぜひ観てください」とメッセージを送った。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

この記事の画像(全2件)

関連記事

赤塚不二夫のほかの記事

リンク

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 赤塚不二夫 / 櫻井孝宏 / 神谷浩史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。