名場面だらけのアニメ「バック・アロウ」梶裕貴らキャストが選んだイチオシのシーンは

228

アニメ「バック・アロウ」のステージイベントが、去る3月28日にオンラインで開催された「AnimeJapan 2021」内にて行われ、バック・アロウ役の梶裕貴、アタリー・アリエル役の洲崎綾、エルシャ・リーン役の小澤亜李、ビット・ナミタル役の小野賢章、シュウ・ビ役の杉田智和が登壇した。

左から小澤亜李、洲崎綾、梶裕貴、小野賢章、杉田智和。

左から小澤亜李、洲崎綾、梶裕貴、小野賢章、杉田智和。

大きなサイズで見る(全43件)

イベントの様子。左から梶裕貴、洲崎綾。

イベントの様子。左から梶裕貴、洲崎綾。[拡大]

小澤亜李

小澤亜李[拡大]

「バック・アロウ」は監督を谷口悟朗、シリーズ構成・全話脚本を中島かずき、キャラクター原案を大高忍が務めるオリジナルTVアニメ。1月8日よりTOKYO MXほかにて放送中で、4月2日から第2クールがスタートする。第1クールをイッキ見できる一挙配信も、GYAO!、ABEMA、ニコニコ生放送にて実施されている。

小野賢章

小野賢章[拡大]

MCの吉田尚記が「『バック・アロウ』面白いよね!」と切り出すと、キャスト一同は揃って頷き、梶は「1話の濃度が濃すぎる!」と応酬。ちょうど第1クールの放送が終わったタイミングということもあり、“美少年牧場”などの強いワードに触れながら、これまでの物語を振り返っていく。また「バック・アロウ」をまだ観たことがない人に向けて、作品概要や各キャラクターの信念、印象などをキャストそれぞれが紹介。小野は「(この作品は)ビット次第だから」と谷口監督に言われ、プレッシャーを感じたことなどを明かしながらも、「始まってみれば、いい意味で好き勝手にやらせてもらっている」と役を楽しんでいると話した。

杉田智和

杉田智和[拡大]

次のコーナーでは、公式サイトでスタートした第1クールの名場面投票企画に合わせ、キャストが選んだお気に入りシーンを発表。梶は第1話よりバック・アロウが自分の名前を決めるシーン「俺の名は」、杉田は第7話の「グランエッジャ軍師管理大元帥ビット・ナミタルによる、ブライハイト命名式」、洲崎は第9話の「ビットの存在価値を問われ、黙り込むソーラ」、小野は第11話の「カイにとどめをささなかった理由」、小澤は第12話の「合体するギガンとレップウ」を選び、その理由や魅力に感じた部分を語る。

TVアニメ「バック・アロウ」キービジュアル第4弾

TVアニメ「バック・アロウ」キービジュアル第4弾[拡大]

イベントではキービジュアル第4弾と、新たなPVも解禁に。第2クールのオープニングテーマを藍井エイル、エンディングテーマをFLOWが担当すること、6月23日に田中公平が手がけた「バック・アロウ」のサウンドトラックがリリースされることも告知された。最後の挨拶で、梶が「想像していた100倍、時間が足りませんでした」と時間がなくなってしまったことを残念がると、吉田も「『バック・アロウ』は観てから人と話したくなるタイプのアニメですよね」と反応。梶は2クール目も「最高のエンターテインメントをお届けできる」と期待を煽り、イベントを締めくくった。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

この記事の画像・動画(全43件)

関連記事

谷口悟朗のほかの記事

リンク

(c)谷口悟朗・中島かずき・ANIPLEX/バック・アロウ製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 谷口悟朗 / 中島かずき / 大高忍 / 梶裕貴 / 洲崎綾 / 小澤亜李 / 小野賢章 / 杉田智和 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。