「あさひなぐ」こざき亜衣が装画を担当、WEAVER・河邉徹の新作小説

74

「あさひなぐ」のこざき亜衣が装画を手がけた、河邉徹による小説「僕らは風に吹かれて」が本日3月10日に刊行された。

「僕らは風に吹かれて」

「僕らは風に吹かれて」

大きなサイズで見る(全2件)

「僕らは風に吹かれて」は、ピアノロックバンドのWEAVERでドラムと作詞を担当しながら、小説家としても活動している河邉の新作小説。コロナ禍の影響で自身も思うようにバンド活動ができなくなった中で書き上げたという同作は、ファッション系のインスタグラマーとして活動する主人公の湊が、天才的なボーカリストである蓮に誘われ、彼が率いるインディーズバンド・ノベルコードに参加するところから始まる。音楽シーンを駆け上がるバンドの物語と、その状況に翻弄される主人公の姿が、“コロナ禍”というキーワードを交え描かれていく。

この記事の画像(全2件)

こざき亜衣のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 こざき亜衣 / WEAVER の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。