コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ゆうきまさみ×京極夏彦、道産子対談がニュータイプで実現

74

発売中の月刊ニュータイプ12月号(角川書店)にはゆうきまさみのデビュー30周年を記念し、京極夏彦との対談が掲載されている。

同じ北海道倶知安高等学校出身だが、今回が初対面の2人。もともとマンガ家を目指していたわけではなかったと言うゆうきに、京極も「僕も小説家になろうと思ったことは1度もない」と応答する。

また作品を生みだす原動力について「『鉄腕バーディー』も言ってしまえば元ネタは「ウルトラマン」。インスパイアされるネタがあったほうがありがたい」とゆうきが語れば、「発想の仕方としては(自分も)同じかもしれない」と京極も共感。共通点が次々に見つかり2人はすっかり意気投合、郷里の話にも花が咲いた。

さらに今号では、ゆうき自身が30年を振り返るマンガなどの特集記事も掲載。もちろん連載「ゆうきまさみのはてしない物語」も掲載されている。

このほかお互いのファンだと言う高河ゆん都築真紀の対談も掲載。「なのは」シリーズの話題や、お互いから受けた影響についてトークが展開された。なお2人のイラストとサインが入った色紙をプレゼント中だ。

コミックナタリーをフォロー