深夜残業中に食べる牛丼が心の底から美味い「独身サラリーマン鈴木の生態」1巻

50

鈴木マ球「独身サラリーマン鈴木の生態」1巻が、本日8月12日に徳間書店から発売された。特典としてメロンブックスではメッセージペーパー、一般書店では共通ペーパーを配布。電子版にもペーパーデータが収められている。

「独身サラリーマン鈴木の生態」1巻

「独身サラリーマン鈴木の生態」1巻

大きなサイズで見る(全7件)

「独身サラリーマン鈴木の生態」は、社内カーストの底辺にいるくたびれたサラリーマン・鈴木が主役のコメディ作品。残業の多い鈴木は、深夜に会社の仲間たちと牛丼を食べながら「牛丼なんて小遣いが少ないサラリーマンが食う負け犬の食べ物だと思ってたけど今となってはご馳走だよ」と笑顔で語り出す。そんな鈴木を見ていた若い部下は「多分それは…自分がその負け犬ってやつになったからでは」と心の中で思いつつ、このダメなオッサンたちにいつか自分も仲間入りしてしまうことを恐れる。後輩から尊敬されず、社内の女性陣からはお土産のセンスがないと陰口を叩かれるありふれた男の日常劇を描く。

この記事の画像(全7件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木マ球 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。