三田紀房、努力をし続けた高校球児たちを朝日新聞に描き下ろし

70

三田紀房が高校野球をテーマに描き下ろしたマンガが、8月10日付けの朝日新聞朝刊に掲載される。

「2020全力で努力し続けた君たちを忘れない。 」掲載紙面イメージ

「2020全力で努力し続けた君たちを忘れない。 」掲載紙面イメージ

大きなサイズで見る(全2件)

本来であれば第102回全国高等学校野球選手権大会が開幕するはずだった8月10日。いち甲子園ファンであるという三田が、「2020年、夢見る舞台のために、努力をし続けた高校球児たちが、たくさんいることを忘れてはいけない」というメッセージをマンガにした。なお8月11日からは、三田の公式noteでも描き下ろしマンガが公開される。

三田紀房コメント

三田紀房

三田紀房[拡大]

今回、朝日新聞さんから、「甲子園中止が決まった中、高校球児や周りで支える人たちを前向きにするマンガを紙面で描いてもらえないか」とお話しをいただいたとき、真っ先に思ったのは「2020年の高校球児を忘れないようにしたい」ということでした。
大の甲子園のファンである私にとって、最大の楽しみは「今年はこんな選手がいたんだ」と発見させてもらえることです。
しかし、2020年夏、まさかの甲子園中止。交流試合・独自大会は行われるものの、選手たちを「知る場」が失われてしまいました。
「2020年、夢見る舞台のために、大人の僕らが真似できないくらいの努力をし続けた高校球児たちが、たくさんいる」という、至極当たり前ではあるけれども、我々がつい忘れがちなことを、一甲子園ファンとして、描かせていただきました。

この記事の画像(全2件)

三田紀房のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 三田紀房 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。