北海道のゲストハウスを舞台に、問題抱えた男女の出会い描く田川とまたの読切

63

ヤングキングBULL(少年画報社)が、本日8月4日発売の9月号で創刊2周年を迎えた。表紙と巻頭カラーは「ひとりぼっちで恋をしてみた」の田川とまたによる読み切り「仇の花」が飾っている。

「仇の花」より。

「仇の花」より。

大きなサイズで見る(全5件)

「仇の花」は北海道で小さなゲストハウスを営む女性・りおを軸に描いた物語。ある日閑古鳥が鳴いているゲストハウスへ、東京からワケあり顔な青年が宿泊にやって来る。宿泊費がないという青年に対して、ムッとするりおだったが、結局彼を泊めることに。青年に対して明るく振る舞うりおだが、彼女自身もまた問題を抱えており……。

このほか今号にはホームレスとして生きる中年男性を描いた細野不二彦の読み切り「マンキツBLUES」の新作エピソードも掲載。女性とあれば見境なしの好色坊主が主人公の、あみだむくによる読み切り「煩悩菩提(ぼんのうぼだい)くそ坊主」も収められている。

この記事の画像(全5件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 田川とまた / 細野不二彦 / あみだむく の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。