頭がパンのパン人間など、パンのマンガばかり描くパン好き作者のパン作品集

415

コモンオムの単行本「あるはずさ、胸の奥に、心のパンが。」が、本日7月20日に発売された。

「あるはずさ、胸の奥に、心のパンが。」帯付き

「あるはずさ、胸の奥に、心のパンが。」帯付き

大きなサイズで見る(全10件)

「あるはずさ、胸の奥に、心のパンが。」は、パンと人間を巡る5つの短編を収録した“一冊まるごとパン”作品集。頭がパンで身体が人間のパン人間として生まれ、父と同じパンとしての道を歩むことに誇りを抱きながらも他者と違う自分に苦悩する主人公を描いた「有頭パン」をはじめ、パンである父と人間の母が結婚したなれそめを題材とした描き下ろし作品「なれそめパン」、拾ったパンをペットとして飼う「パンのいる家族の風景」、空に浮かぶクロワッサンを食べる夢を見て目覚めると世界から月がなくなっていた「クロワッサンインザスカイ」、1カ月に1週間だけ体からパンが出てくる体質の女性を題材にした「パン派」が掲載され、コモンオムがパンのマンガを描くに至ったかを振り返るエッセイも収められている。

この記事の画像(全10件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 コモンオム の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。