ヤンマガ40周年記念、馴染みの深い作家陣がヤンマガに集結する「我漫」始動

106

ヤングマガジン(講談社)の創刊40周年記念プロジェクトが始動。その第1弾として「我漫 -ワガマン-」と題した企画がスタートした。

「我漫 -ワガマン-」ロゴ

「我漫 -ワガマン-」ロゴ

大きなサイズで見る(全4件)

「ヤングマガジン40th ANNIVERSARY in Laforet HARAJUKU」ビジュアル

「ヤングマガジン40th ANNIVERSARY in Laforet HARAJUKU」ビジュアル[拡大]

1980年に創刊され、本日7月6日発売の32号で40周年を迎えた同誌。「我漫 -ワガマン-」は、ヤングマガジンと馴染みの深い作家による読み切りや新連載を掲載する企画で、今号には柳内大樹による青春回想録「ボクの青春ヤングマガジン」が収められた。柳内自身を主人公に、少年期にヤングマガジンの連載作品から受けた影響や、現在マンガ家として活動する近況などをつづった自伝的な作品だ。

また今後のラインナップとして、福満しげゆき、五十嵐健三、松本ひで吉押切蓮介小田原ドラゴン山崎紗也夏阿部秀司永井豪大友克洋ハロルド作石、佐木飛朗斗・東直輝押見修造きらたかし和久井健Boichiといった作家陣が執筆予定だ。

さらに第2弾企画として、Webサイト・ヤンマガWebがオープン。本誌の連載作品が2週間後に全て無料公開されるほか、過去の名作も特集に合わせて無料公開される。また誌面に掲載されたグラビアのアザーカット、ミュージシャンや芸人、グラビアアイドルなどによるコラムも配信予定だ。

そして「ヤングマガジン40th ANNIVERSARY in Laforet HARAJUKU」と銘打ったイベントが、8月29日から9月6日まで東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催される。会場では自分がマンガのコマ内に入った原稿用紙が作れる「MANGA DIVE」、60人以上の作家による描き下ろしイラストを1本にまとめた10m超えの巻物の展示などを予定。またラフォー原宿ではヤンマガ作品と15のアパレルブランドによるコラボグッズが販売される。

この記事の画像(全4件)

「ヤングマガジン40th ANNIVERSARY in Laforet HARAJUKU」

会期:2020年8月29日(土)~9月6日(日)※アパレル商品の販売は9月13日まで
場所:東京都 ラフォーレミュージアム原宿

柳内大樹のほかの記事

リンク

関連商品