戦後の日本を舞台に少女とバンドマンを描くジャズストーリー、モーニング新連載

126

灰田高鴻の新連載「スインギンドラゴンタイガーブギ」が、本日4月2日発売のモーニング18号(講談社)にてスタートした。

「スインギンドラゴンタイガーブギ」扉ページ。(c)灰田高鴻/講談社

「スインギンドラゴンタイガーブギ」扉ページ。(c)灰田高鴻/講談社

大きなサイズで見る(全2件)

新鋭の灰田が手がける本作は、戦後の日本を舞台にしたジャズストーリー。福井から東京にやってきた少女・虎は、東京の路上で歌を歌いながら、姉のために“オダジマタツジ”という男を捜している。そんなある日、バンドをやっているという2人組の男と出会い……。初回となる今号には巻頭カラー40ページで掲載された。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。