コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

映画「囀る鳥は羽ばたかない」公開初日、ヨネダコウ「未だに夢心地みたいな感じ」

2253

ヨネダコウ原作による劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の初日舞台挨拶が、本日2月15日に東京・新宿バルト9にて開催された。

イベントは新垣樽助演じる矢代と羽多野渉演じる百目鬼によるトークと、ヨネダと牧田佳織監督による舞台挨拶の2部構成で、司会はBL好きで知られ、本作のファンである吉木りさが務めた。スクリーンにイラストとして登場した矢代は「今日は前代未聞の舞台挨拶にお越し下さりありがとうございます」と挨拶。客席も見えていると語り、百目鬼は「マスクをしてる人が多いですね」、矢代は「グリーンのワンピース着てる人いるなあ。見えてるから気を抜くなよ」と客席をいじる。

今回の舞台挨拶では、矢代がファンから寄せられた質問に答えることに。「ムカつくとパンツを忘れることがあるようですが、今日は履いてますか? どんなパンツを履いてますか?」という質問に、矢代は「おまわりさーん」と返し笑いを誘いながらも、「これ、どうであってほしいの? 抜き打ちアンケートだな、拍手で答えて下さいよ」と呼びかける。履いていないで欲しい人の数が圧倒的に多かった客席に向かって「うわー、皆さん変態ですね。では夢を壊さないようにご想像におまかせします」と切り替えした。

また「竜崎とデートしなきゃいけなならどこにいきますか?」という質問には「あらゆる手段を使って抹消するわ、そのスケジュール……」と嫌そうな声を上げる矢代。しかし「1つ思いついた。動物園に行ってゴリラの檻の中に竜崎を放って帰ってくる」と楽しそうに答えると、百目鬼も「なるほど」と納得した様子だった。

続く第2部のトークショーにはヨネダと牧田監督が登場。公開初日を迎えたことについて、ヨネダは「マンガを描くってとても小さい作業。白い紙1枚から始まって本になって、それが映像になっていく様子は、未だに夢心地みたいな不思議な感じ」とまだ実感がわかない様子。また牧田監督も「先生とまったく同じで、先日まで作業してたので、あんまり現実感がないです(笑)。皆さんにご覧いたただいてることが不思議な感じ」と吐露した。

本作のアニメ化について、ヨネダは「実写の話はチラチラあったんですが、アニメと聞いてってビックリして(笑)。頓挫するだろうなと思ってたので、あれ、なっちゃうの?っていう気持ちですね(笑)」と語り笑いを誘う。またアニメの印象的なシーンについて「タバコの煙がエロいなと(笑)。あと七原がどつかれまくるシーンが好きで。スタッフさんも楽しんでたと聞きました」と語ると、牧田監督も「ヤクザ映画を参考にしました。椎名桔平がモデル(笑)」と笑う。そんな牧田監督は「作業していて一番楽しかったのは、クライマックスのシーン。それまで淡々としていた矢代が泣くシーンは、感情を爆発させられるなって」と述べた。

さらに司会の吉木が「個人的な質問なんですけど、一番好きなキャラは誰ですか?」と質問すると、ヨネダは「本当のこと言っていいんですか? 主役でなくても?(笑)」と悩みながらも「うーん、やっぱり矢代ですかね……」と回答。一方、牧田監督が「天羽さんが好きですね」と答えると、吉木も「わかります! クールで冷静な人だけど実は情が厚い。いいですよね!」と同意する。さらに吉木が「私、高校時代の影山くんが好きなんです、短髪メガネが大好きで、高校生が大好きで! 最高ですね!」と興奮したように語ると、ヨネダもその様子を楽しそうに見ていた。

さらにイベントでは第2章「囀る鳥は羽ばたかない The storm breaks」の制作と、影山と久我の出会いを描いたショートストーリー「Don't Stay Gold」のOAD化も発表に。第2章について、ヨネダは「ヤクザパートというか、抗争シーンなど動きのあるところと恋愛要素の両方が盛り込まれることになるので、どうなるのか楽しみ」とコメント。牧田監督は「抗争シーンもしっかり描きつつ、2人の関係性も変わってくるし、バランスが崩れた矢代の本音も出てきて、盛りだくさんになると思います」と見どころを語った。

また「Don't Stay Gold」のアニメ化については、「久我と影山の2人のほうが好きって読者の方もいらっしゃるので、楽しんでもらいたい」とヨネダ。また牧田監督も「映画は矢代が中心なので、その脇を固めるキャラクターに目を向けて、大切にアニメ化していきたいと思います」と意気込む。そして最後、ヨネダが「明るい話ではないので、観ていて苦しくなるかも知れないですけど、牧田監督はじめスタッフさんが丁寧に作ってくださってるので、何度でも足を運んでいただけたらうれしいです」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

なおコミックナタリーでは劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の公開を記念し、矢代役の新垣樽助と百目鬼役の羽多野渉にインタビューを実施。ドMなヤクザの若頭、性的不能な元警察官という役どころをそれぞれどんなアプローチで演じたのか。彼らの熱いプロフェッショナリズムと、作品の持つ普遍的な魅力に迫った。

関連する特集記事

劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」特集 新垣樽助(矢代役)×羽多野渉(百目鬼役)対談PR

劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」

公開中

スタッフ

原作:ヨネダコウ「囀る鳥は羽ばたかない」(大洋図書「ihr HertZ」連載中)
監督:牧田佳織
脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:熊田明子、桑原剛
美術監督:佐藤勝、福島孝喜
色彩設計:鎌田千賀子、末永絢子
撮影監督:佐藤光洋
音楽:H ZETTRIO
音響監督:小泉紀介
アニメーション制作:GRIZZLY
配給:T-JOY

キャスト

矢代:新垣樽助
百目鬼力:羽多野渉
影山莞爾:安元洋貴
久我瑛心:小野友樹
三角隆仁:大川透
竜崎篤士:三宅健太
平田和明:高瀬右光
七原祐輔:興津和幸
天羽静真:佐藤拓也
杉本隼人:三宅貴大

(c)ヨネダコウ・大洋図書/「囀る鳥は羽ばたかない」製作委員会

コミックナタリーをフォロー