コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「外れスキル『影が薄い』を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者」マンガ版1巻

41

ケンノジ原作による荒木風羽「外れスキル『影が薄い』を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者」1巻が、本日12月9日に発売された。

同作は、魔王を単独で打ち破った史上最強の暗殺者・ロランが褒美を訊かれ「普通の生活」を求めたことから始まる物語。打ち破った女魔王を愛人としてはべらせながら「食って、寝て、女を抱く」を繰り返していたロランだが、宿の娘からは「エッチな声がですね 毎晩ずうっと聞こえてて」と苦情が入り、魔王からもこんな暮らしは普通ではないと指摘され、一般的な男の生活を目指してギルド職員の仕事を始める。仕事が適当な冒険者を見て「仕事を失敗するということは死を意味します」と語り驚かれたり、面倒な整理整頓の仕事を押し付けられるが「『普通』っぽくていい」と喜んだり、暗殺者だったことを隠している主人公が周囲から逸脱した言動を起こす様を描く。同作は小説のコミカライズ版で、ComicWalkerなどで作品を配信するKADOKAWAのWeb媒体・WEBデンプレコミックで連載中。

コミックナタリーをフォロー