コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

清野とおるのサイン会が池袋で、「東京都北区赤羽」最終巻と短編集発売記念し

255

「ウヒョッ!東京都北区赤羽」6巻と、短編集「まあどうせいつか死ぬし ~清野とおる不条理ギャグ短編集~」の発売を記念し、清野とおるのサイン会が11月4日に東京・ジュンク堂書店池袋本店で開催される。

サイン会の整理券は10月28日発売の「ウヒョッ!東京都北区赤羽」6巻と「まあどうせいつか死ぬし ~清野とおる不条理ギャグ短編集~」の2冊を予約もしくは購入した人に先着で配布。店頭または電話にて事前の予約を受け付けている。整理券の配布は定員に達し次第終了となるため、気になる人は早めの予約をオススメする。詳細は店舗の公式サイトにて確認しよう。

双葉社より刊行される「ウヒョッ!東京都北区赤羽」6巻は、同シリーズ3年ぶりの最新刊にして最終巻。GLAYのHISASHIと赤羽で遊んだり、ペイティさんの本名が発覚するエピソードなどが収められるほか、単行本描き下ろしの未公開エピソードも収録される。一方の「まあどうせいつか死ぬし ~清野とおる不条理ギャグ短編集~」は小学館クリエイティブより発売。初期の怪奇ギャグマンガから作者自身“いつ描いたのか記憶にすらない謎のマンガ”まで一挙掲載され、15年前に清野が初めて書いた短編小説、音信不通になっていたかつての担当編集との対談企画など盛りだくさんな内容で展開される。

「ウヒョッ!東京都北区赤羽」6巻、「まあどうせいつか死ぬし ~清野とおる不条理ギャグ短編集~」刊行記念 清野とおるサイン会

日時:2019年11月4日(月・祝)第1部14:00~、第2部15:45~
会場:東京都 ジュンク堂書店池袋本店地下1階コミックフロア

コミックナタリーをフォロー