原秀則が描く新たな恋愛物語「しょうもない僕らの恋愛論」、島本和彦も推薦

165

「冬物語」「部屋においでよ」などで知られる原秀則の新作「しょうもない僕らの恋愛論」1巻が、本日7月30日に発売された。

「しょうもない僕らの恋愛論」1巻

「しょうもない僕らの恋愛論」1巻

大きなサイズで見る

「しょうもない僕らの恋愛論」は、デザイン会社に勤める主人公・拓郎のSNSに、20年前思いを寄せていた安奈から「友達申請」が届くところから始まる。過去の思い出が一瞬にして蘇る拓郎だが、翌朝安奈の死の知らせが届き……。拓郎と、彼の前に現れた安奈の娘・くるみ、高校時代からの女友達・絵里という、3人それぞれの思いが交錯するラブストーリーだ。同作はビッグコミック(小学館)にて連載中。なお単行本の帯には「アオイホノオ」の島本和彦によるイラストとコメントが寄せられた。

関連記事

原秀則のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 原秀則 / 島本和彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。