大好きで大嫌いだった父との関係、そしてその最期を描いた松田洋子のエッセイ

137

松田洋子の単行本「父のなくしもの」が、本日7月12日に発売された。

「父のなくしもの」

「父のなくしもの」

大きなサイズで見る(全5件)

月刊コミックビーム(KADOKAWA)で連載された本作は、松田が亡き父を思って描いたエッセイ。父を大好きだった子供の頃の思い出、家出をしたくてたまらなかった思春期の頃のこと、父の死期が近づいて一族が再び集ったときのことなどが綴られる。単行本には父の葬式の顛末を描いた読み切り「父をなくす」も収録された。

この記事の画像(全5件)

松田洋子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 松田洋子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。