コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アイシールド21村田雄介の新作掲載、次号は稲垣理一郎

本日6月21日に発売された週刊少年ジャンプ29号(集英社)には、「アイシールド21」で知られる村田雄介の読み切り「マインズ」が掲載されている。

「マインズ」は死と隣り合わせの戦場で、「鋼の心臓」の異名を持つ男・カイ軍曹が危険な任務を、“ある目的”のためにことごとく単身で完遂する姿を描く。なお「アイシールド21」は、リミックス版が発売されることが決定。6月28日に発売される1巻を皮切りに、隔週ペースで刊行される予定だ。主に全国のコンビニエンスストアなどで販売される。

また今号では、島袋光年「トリコ」が連載100回を迎えたことを記念し、抽選で40名に「トリコ特製グルメどんぶり」をプレゼントする。応募の締め切りは7月5日。

なお6月28日に発売される次号週刊少年ジャンプ30号では、同じく「アイシールド21」の原作を担当していた稲垣理一郎の原作による読み切り「KIBA&KIBA」が掲載。作画は台湾のマンガ・彭傑(ポンジェー)が手がける。

コミックナタリーをフォロー