コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

弱ペダ×東武動物公園の描き下ろしイラスト公開、コラボフードなどの詳細も到着

351

「弱虫ペダル×東武動物公園」描き下ろしのキービジュアル。

「弱虫ペダル×東武動物公園」描き下ろしのキービジュアル。

渡辺航原作によるTVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」と、埼玉・東武動物公園のコラボイベントが、7月6日から9月1日まで開催される。このたび描き下ろしキービジュアルとともに、各企画の詳細が到着した。

キービジュアルにはカジュアルな服を着て、自転車で東武動物公園にやってきた坂道たちの姿をデザイン。彼らのイラストは等身大パネルとして園内に設置され、来場者たちをお出迎えする。また各キャラクターが動物に扮したデフォルメイラストも公開され、それぞれの動物舎付近にパネルとして展示されることが決定した。

園内では、これらのイラストを使用したオリジナルグッズを販売。税込2000円以上購入するごとに、「オリジナルポストカード(ちびキャライラストVer.)」がランダムで1枚プレゼントされる。さらに園内のショップ「リトルキャビン」では、ミニゲーム「サイコロゲーム」を展開。プレイヤーは2つのサイコロを振り、出た絵柄によって景品がゲットできる。

園内の「コルネさんのパンケーキハウス」では、各学校をイメージしたフードを販売。対象メニューを注文すると、1品につき「オリジナルポストカード(ちびキャライラストVer.)」がランダムで1枚進呈される。さらに「キャットワールド」では、特設キッチンカー「弱虫ペダル補給所」が登場。キャラクターを表現したコラボフードを注文した人は、1品につき「オリジナルポストカード(等身大キャライラストVer.)」がランダムで1枚プレゼントされる。

なお園内の一部のアトラクションは「弱虫ペダル」仕様に。ペダルを漕いで空中散歩が楽しめる「スカイサイクル(空中自転車)」は各学校の校章をモチーフに装飾され、観覧車「エマさんのチーズ風車」はゴンドラ内にキャラクターのイラストが登場する。

入園窓口では、東武動物公園のチケットとチケットホルダーがセットになった「弱虫ペダルチケット」の販売も。ポストカードがもらえるスタンプラリーや、イベント期間中に誕生日を迎えるキャラクターのバースデー企画も行われる。詳細は東武動物公園の特設ページで確認を。

なおコミックナタリーでは、「弱虫ペダル」を連載している週刊少年チャンピオン(秋田書店)の創刊50周年を記念し、武川新吾編集長による対談連載を実施。本日公開された第1回には週刊少年サンデー(小学館)の市原武法編集長を対談相手に迎え、マンガにおける編集者の必要性などを語ってもらった。今後も、週刊少年マガジン(講談社)編集長の栗田宏俊、週刊少年ジャンプ(集英社)編集長の中野博之、チャンピオン前編集長の沢考史との対談が公開されていく。

弱虫ペダル×東武動物公園

期間:2019年7月6日(土)~9月1日(日)

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル 04 製作委員会

コミックナタリーをフォロー