ごんぎつねを撃ち殺した百姓のその後を描く、ツナミノユウ新連載「DMD(ダムド)」

1207

「ふたりモノローグ」のツナミノユウによる新連載「DMD(ダムド)」が、本日5月12日にCygamesのマンガ配信サービス・サイコミでスタートした。

「DMD(ダムド)」バナー

「DMD(ダムド)」バナー

大きなサイズで見る(全9件)

「DMD」第1話より。

「DMD」第1話より。[拡大]

「DMD」は、狐のごんがしたイタズラがきっかけで母を失った百姓・兵十の物語。兵十の悲しみを知ったごんは懺悔の気持ちで彼の家に木の実を置いていくようになるが、そんなことは知らず憎しみに任せてごんを兵十は撃ち殺してしまう。第1話では、母を亡くし、友になれたかもしれない狐をも自らの手で殺めてしまったことに絶望する兵十をさらなる事件が襲う。

この記事の画像(全9件)

ツナミノユウのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ツナミノユウ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。