コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「バースデー・ワンダーランド」に原恵一「自信がない部分もあった」と明かす

73

「バースデー・ワンダーランド」初日舞台挨拶にて、左から原恵一、麻生久美子、松岡茉優、杏、市村正親、milet。

「バースデー・ワンダーランド」初日舞台挨拶にて、左から原恵一、麻生久美子、松岡茉優、杏、市村正親、milet。

原恵一監督によるアニメ映画「バースデー・ワンダーランド」の初日舞台挨拶が、本日4月26日に東京・新宿ピカデリーで行われた。

柏葉幸子による児童文学「地下室からのふしぎな旅」を原作とした本作は、自分に自信がない主人公のアカネが、誕生日の前日に突然現れた謎の錬金術師・ヒポクラテスにより、ワンダーランドの世界へ連れて行かれることから始まる冒険ファンタジー。舞台挨拶にはアカネ役の松岡茉優、チィ役の、ミドリ役の麻生久美子、ヒポクラテス役の市村正親と原監督が登壇した。

「本格的なファンタジー映画を作るのは初めてで、最初は自信がない部分もあった」と語る原監督は「やり始めてみたら、ストーリーと登場人物が画面の中でしっかり立っていれば、現実の世界を描く作品と何も変わらない。むしろファンタジーだからこそ現実ではあり得ない自由な世界作りができる楽しさに気付けました」と振り返る。キャスト陣については「僕基本好きな人しか呼ばないんですよね」としながら、「役者としても人としても好きな人たちとしか仕事をあまりしたくないんですよ。今回も素敵な人たちを集められてとてもいい作品ができたと自信があります」と紹介した。

松岡は本作について「クライマックスのシーンの濃度がとてつもなくて、初めての体験をしたなと。子供のときから流してないピュアな涙だったと思います。もちろんお子様にも観ていただきたいですけれども、保護者のほうがグッときてしまうシーンが多いかもしれないです」と説明。「子供と一緒に見ようと思っている」という市村は「子供たちがどういう反応をするか楽しみです」と期待を膨らませる。杏は「いろんな景色が観られたので、もっと端っこまで何度も観てみたいと思わせられるような映画です」とアピールし、麻生は「アカネが土手から川を眺めているシーンが好きです。普段過ごしている何気ない日常がキラキラ輝いて見えているんだろうな」とアピールした。

本作がアヌシー国際アニメーション映画祭2019の長編コンペティション部門にノミネートされていることについて原は、「また(映画祭に)行けるのが楽しみ」と述べながらも、「外国の人に喜んでもらおうと思って作った作品ではないんです。何よりも日本のお客さんに喜んでもらえる、そういうものが世界でも受けるんじゃないかなって確信があって。あえて媚びずに作ったのが良かったかもしれないですね」とノミネートの理由について分析した。

さらに舞台挨拶にはシンガーソングライターのmiletも登場し、本作の挿入歌・イメージソング「Wonderland」を歌唱。miletのパフォーマンス後、松岡が「miletさんの成熟している部分とみずみずしい部分、鮮やかな部分とモノクロの部分が混ざり合った歌声がこの映画に合っているんだなと感じて、その奇跡に感動しています」と絶賛する。そして最後に松岡は「この映画は自分を肯定してくれるような作品です。令和の時代に『自分は大事な人間なんだ』と自分を大切にする勇気をくれて、新しい1歩を踏みだせるような気持ちになれます」とメッセージを送った。

(c)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー