コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「パーフェクトワールド」会見、山本美月が二次元キャラとの大恋愛を明かす

481

ドラマ「パーフェクトワールド」製作発表会見の様子。

ドラマ「パーフェクトワールド」製作発表会見の様子。

有賀リエ原作によるTVドラマ「パーフェクトワールド」の製作発表会見が、本日4月8日に東京・アーツ千代田3331にて行われた。

4月16日より毎週火曜21時から関西テレビ・フジテレビ系にて放送されるドラマ「パーフェクトワールド」は、大学時代の事故で脊髄を損傷し車椅子生活を送ることになった建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し心を通わせ合っていくさまを描いたラブストーリー。会見には樹役の松坂桃李、つぐみ役の山本美月、是枝洋貴役の瀬戸康史、長沢葵役の中村ゆり、渡辺晴人役の松村北斗(SixTONES / ジャニーズJr.)、木村祐一、樹の母親・文乃役の麻生祐未、つぐみの父親・元久役の松重豊が出席した。

初めて車椅子に乗る役を演じることになった松坂は「自分が生活していた目線とはまったく違って。昨日は雨のシーンを撮影したんですが、ブレーキが効かなくてすごく怖いなと。そういうことって経験してみないとわからないんですよね。自分が普段歩いていて、平らだなと思っている道も、車椅子ではちょっとした傾きで少しずつ逸れていったりする。気付かされることが多いです」と発見が多い撮影現場を振り返る。また山本も「撮影の合間にご飯行ったりするときに『ここは鮎川くんと来れるな』とかつぐみの気持ちになって見るようになりました。この間友人の結婚式に行ったんですけど、バリアフリーになっている結婚式場も増えていて」と語った。さらに松重は「僕らの仕事は幸いなことに役によって疑似体験ができるので、少なからずどういう不具合、不都合があるかを自分の肉体を通して語れますが、もっといろんな人が車椅子の経験ができるといい。来年はオリンピック、パラリンピックもありますから、このドラマが問題提起の一助になれば」と思いを述べた。

幼なじみのつぐみに昔から思いを寄せている同級生・是枝を演じる瀬戸は「もし好きな人に好きな人がいるっていう状況になったら、僕は引きますね。是枝くんの行動力や勇気は尊敬するところかなと」とコメント。そして樹を身体的にも精神的にも支えるヘルパー・葵役の中村は「樹の現実的なところを一番見ている役どころ。つぐみちゃんにも辛辣なことを言ったりして心苦しいんですけど、現実を知る葵の厳しさも大切に演じたいと思っております」と語った。

また樹の10年来の友人で事務所の後輩でもある渡辺晴人役の松村は、役作りのため茶髪にしたことについて「SixTONESでは『北斗は黒』っていうイメージが強くて。今回、役に合わせて少し幼くと言うか人懐っこく見えるように茶髪にしました。そうしたらメンバーからも『普段の生活も明るくなった』と言われました(笑)。すごく明るくなったらしいです」とほほえむ。それを聞いた松坂は「え? ほっくんてSixTONESではそういう立ち位置なの? いつもクールな人とは思えないような発言をしているので(笑)」と驚きながら、「現場ではムードメーカー的な存在です」と明かした。

一方、樹が働く渡辺設計事務所の代表で、晴人のおじでもある渡辺剛を演じる木村は「これまでいろんなジャニーズの方と絡みがありましたけど、肉親になったのは初めて(笑)」と苦笑いを浮かべ、「もうこの年になると涙腺が抑えらなくて。台本を読んだけでめっちゃ泣いてるんですよ(笑)。ゆるゆるでございます」と会場の笑いを誘う。そしてつぐみを溺愛する父親・川奈元久役の松重は「僕も年頃の娘がいますけど、溺愛はしてませんで(笑)。溺愛するってどういうことなんだろうなと思ったんですけど、山本さんに会ったときひと目見て、この子なら溺愛するなと(笑)」とうれしそうに話す。さらに地元・福岡の実家も近いことがわかり、より山本に対する親近感が増したと言う松重が「山本さんが実の子だったらな(笑)」とつぶやくと、木村から「娘さんも(会見を)見ますよ!」とツッコまれていた。

さらに会見では、ドラマの公式Twitterで募集した質問に答えるコーナーに。学生時代に体験した初恋の思い出について問われると、山本は「私が心の底から愛してやまなかった人は生きる世界が違ったと言いますか……二次元にいる方だったので」と語り出す。「いくらつぎ込んだのかわからないくらいグッズを買い占め、素敵なプロポーズをしている場面を見て、最後の最後には子供ができたことを見届けて1人で泣いてました。『鋼の錬金術師』のエドワード・エルリックっていう人なんですけど、今もずっと引きずってます」と二次元のキャラクターとの大恋愛を思い入れたっぷりに語ると、会場は和やかなムードに包まれた。

また松坂は中学生のときの苦い思い出を披露。「(好きな人には)お付き合いされている方がいたんですけど、自分が告白したらOKいただきまして。でもある日、その中学の先輩で、いわゆるヤンキーの頭を張っている方がやってきて『お前、俺の女に手を出してるらしいな』と。どうやらちゃんとお別れをしていなかったようで(笑)」と打ち明ける。そして瀬戸は「幼稚園が一緒だった女の子をずっと好きで。小学校は別々になってしまったんですが、同じ中学で再会して。勇気を出して告白をしたらその子、僕のことを覚えてなかったっていう」と、切ない失恋の思い出を語った。

さらにドラマ撮影中、休憩時間の過ごし方について話が及ぶと、松坂は松村と山本がずっと「Pokemon GO」の話題で盛り上がっていることを明かす。松村は「僕は片足を突っ込んでる程度なんですけど、山本さんは全身どっぷり浸かられていて(笑)。どうしても捕まえられないポケモンがいると相談したら『毎日やってないんじゃないか』『君の努力が足りないんじゃないか』と責められ反省しました(笑)」と暴露し笑いを呼ぶ。すると山本は「だってイベントとか把握してないんですよ? 怒ったというか、注意をしただけです」と慌てて言い訳をした。さらに松坂に「Pokemon GO」を始めるよう誘うも断られているそうで、山本が「松坂さんは『勝てない』とか言うんですけど、勝つか負けるかじゃないんですよ」と熱く語ると、松村も「ポケモンを愛するかどうかですよね」と乗っかる。松坂が「だって、今から集めるの大変ですよね」と言うと、山本は「大変じゃないです、ぴゅって投げるだけです」と一歩も引かない様子で、キャスト陣のチームワークの良さを伺わせた。ドラマ「パーフェクトワールド」は、4月16日に関西テレビ・フジテレビ系で放送スタート。毎週火曜21時よりオンエアされる。

ドラマ「パーフェクトワールド」

カンテレ・フジテレビ系全国ネットにて、2019年4月16日(火)より毎週火曜21:00~

スタッフ

原作:有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社「Kiss」連載) 
脚本:中谷まゆみ
音楽:菅野祐悟
プロデューサー:河西秀幸
演出:三宅喜重、白木啓一郎
制作著作 カンテレ

キャスト

鮎川樹:松坂桃李
川奈つぐみ:山本美月
是枝洋貴:瀬戸康史
長沢葵:中村ゆり
渡辺晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)
渡辺剛:木村祐一
雪村美姫:水沢エレナ
川奈咲子:堀内敬子
東美千代:とよた真帆
鮎川文乃:麻生祐未
川奈元久:松重豊

コミックナタリーをフォロー