コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

神谷浩史「進撃の巨人」リヴァイへの思い語る「これ以上の役には巡り合えないかも」

1229

諫山創原作によるTVアニメ「『進撃の巨人』Season3」のイベントが、本日3月24日に東京ビッグサイトにて開催された「AnimeJapan 2019」にて行われた。イベントにはエレン・イェーガー役の梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈、リヴァイ役の神谷浩史が登壇した。

トークは「『進撃の巨人』Season 3 Part.1」最終話のエンディングの話題から始まり、梶は「まさに次の収録がエンディングで描かれた部分なんです。エレンがリヴァイの胸ぐらを掴むような表現があって、僕はエレンにシンクロしてしまう部分があるのですが、僕はちょっと神谷さんの胸ぐらは掴めないですね(笑)」と冗談交じりに話す。司会者から「梶さんは『進撃の巨人』を通して荒々しくなったというお話も聞きますが……」と振られると、梶は「お芝居をやっている中で自分と向き合う、自分にこういう部分があったと気付くことは、役者には多いことなんじゃないかと思います」と答え、「『Part.2』ではエレンだけに限らず見せ場というか、胸が締め付けられる展開が待っているので、アフレコの空気がピリッとしていますね」と続けると、キャスト一同も頷いた。

その後は「Part.1」を振り返る企画コーナーを展開。出されたお題に漢字1文字で答えるというもので、第1問は「『進撃の巨人』Season 3 Part.1」を漢字1文字で振り返るというもの。回答を一斉にオープンすると、井上が“親”と答えた以外、梶・石川・神谷の3人は“人”で回答が一致。「すごい!」「打ち合わせしてないのに!」と一同が驚く中、井上は「書き直していい!?」と慌てた様子を見せた。“親”と書いた理由について井上は「ロッド・レイスやエルヴィンのお父さん、エレンのお母さんといった存在から、キャラクターの原点を感じる『Part.1』だったので」と説明し、それに対して“人”と書いた梶は「親も人というか、人を語る上で、その周りの大切な人の情報やドラマが描かれると、より感情移入できますよね」とコメント。また石川も「今まで巨人が絶対的な悪だったのが、『Season 3』は“人”と戦うことになってしまって。いろんな意味で結局は人対人なんだ、とわかったのが『Part.1』だったと思います」と振り返った。

続いては「『進撃の巨人』Season 3 Part.1」における自身が演じるキャラクターについて、各キャストが漢字1文字で表現する。アルミンを演じる井上は“女”と答え、「あまり記憶には残っていないんですが、パッと浮かんだのがこの字だったなって……(笑)」と言葉を濁し、「“女”は冗談なんですが、ジャンを救うために人を殺したりと、アルミンにとっては大事なものを捨てなきゃいけなかったパートだったと思います」と真面目に語った。梶の答えは「エレンが人間としても巨大化した」という思いを込めて“巨”。「今まで『自分が特別なんだ』という気持ちに惑わされていたことを目の当たりにして涙しつつ、再び巨人になって、自分で選択してぶつかっていくエレンの姿に、人間としても大きく成長したと思いました」とエレンの歩みを振り返った。

井上はミカサの姓が初めて明かされたことへの驚きを“姓”という漢字で表し、最後に神谷が選んだのは“活”。「自分の部下がみんな死んじゃったもんですから、皆さんがリヴァイ班に入る展開になり、結果メインストリームに入らざるを得なくなって、活動・活躍させていただいたなあと」と理由を語り、「『リヴァイはとても優しい人間なんです』と前に言われていて、自覚を持って演じてきたつもりなんですが、よりそういう部分を表現する機会が増えてすごく楽しかったし、これからもがんばっていこうという活力をもらいました」と述懐した。

最後に1人ひとりから、作品に対する思いや『Part.2』への意気込みが語られる。神谷は「最初は『進撃の巨人』のスタジオに行くのがものすごく怖くて。リヴァイという役はとんでもないいい役だし、これ以上の役には巡り合えないんじゃないかと思えるくらいの役だと感じているので、そのプレッシャーに押しつぶされそうになっていたんです」と明かす。「でも、年数を重ねてスタッフさんやキャストとの信頼関係ができあがって、『この人たちと一緒なら、自分が思ってもない場所に辿りつけるに違いない』と思うようになった。現場に行きたくてしょうがない、音にしたくてしょうがないというところに、僕は今辿りついているんです。そんなことは思ったことがないので、果たして『Part.2』が終わるころにはどこに辿りついているのか不安もあるんですが、この信頼できるメンバーとともに最後までがんばっていきます」と強い意気込みを見せた。

井上は「ついに皆様にこのクールをご覧いただくときが来たんだな、と感じています」と切り出し、「先日、自分の中ですごくすごく大切なシーンを演じさせていただいて、アルミンの夢はアルミンだけの夢ではなくて、エレンとともに叶える夢だったんだな、ということを今すごく感じています。そのシーンをぜひご覧になっていただけたらうれしいです」とメッセージを送る。石川は「いつも素晴らしいお芝居を見せていただくので、お芝居できる楽しさを感じつつ、それだけでは終われない内容になってきました。でもミカサと一緒に最後まで戦い抜くと決めていますし、この素晴らしいメンバーと一緒なら素敵な作品をお届けできると思います」と真剣な表情で語った。

そんな中、梶はシリアスなムードを断ち切るように「新情報としましては、諫山先生が描いてくださった僕らの顔に似た巨人が、アニメにも出てきます! 台本のト書きのところに『○○する巨人(梶)』って書いてありました(笑)」と明かして場を和ませる。そして「お三方の挨拶を聞いていて、『なんて素敵な作品の主演をさせていただいているんだろう』と、すごく気合いが入りました。最高の環境でお芝居をさせていただいていると思います。役者としてはこの先のシーンを演じるのが、楽しみ以外の何物でもありません。めちゃくちゃになりたいです。『ライナーとベルトルトを駆逐してやる!』という気持ちでがんばりたいと思います」と力強く語った。

最後は本作のイベントでは恒例となった「心臓を捧げよ!」のコール&レスポンスを行う流れとなったが、梶が「カンペに『巻きめで心臓を捧げていただければ』って書いてあって(笑)。心臓は巻きで捧げるもんじゃないですよ!」とツッコミを入れて観客を笑わせる。石川がポーズの取り方を丁寧に説明したあと、会場の全員でコール&レスポンスを行い、イベントの幕を下ろした。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

コミックナタリーをフォロー