コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ONE PIECE」新作で“海賊万博”を展開、尾田「面白いに決まってんじゃん!!」

908

ダグラス・バレットの設定画。

ダグラス・バレットの設定画。

尾田栄一郎原作による劇場版「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」の第2弾特報映像が公開された。

特報は「20周年という名目がなければぼくはこんな映画やらせません。だって面白いに決まってんじゃん!!」とのコメントからスタート。その後特報では麦わらの一味や、尾田デザインによる映画オリジナルキャラクターのダグラス・バレットやブエナ・フェスタが映し出される。

ダグラス・バレットは「“鬼”の跡目」と呼ばれる、元ロジャー海賊団のメンバー。ブエナ・フェスタは本作で展開される、海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典・海賊万博の主催者という役どころだ。海賊万博では「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」が行われることになる。尾田が描いたバレットとフェスタの設定画も公開された。なお「ONE PIECE STAMPEDE」にはトラファルガー・ローやスモーカー、たしぎ、バギーズデリバリーの面々も登場することが明かされている。

映画「ONE PIECE STAMPEDE」は8月9日ロードショー。3月1日からは尾田の描き下ろしイラストを使った「麦わらの一味 万博スタイル10バッジ」付きの前売り券が10万セット限定で劇場窓口にて販売される。

劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」

2019年8月9日(金)公開

原作:尾田栄一郎
配給:東映

(c)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

コミックナタリーをフォロー