19世紀イギリス、逆境の中で小説家を目指す女性描く新連載「カイニスの金の鳥」

242

秦和生による新連載「カイニスの金の鳥」が、Webサイトのマトグロッソ(イースト・プレス)でスタートした。

「カイニスの金の鳥」ビジュアル

「カイニスの金の鳥」ビジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「カイニスの金の鳥」第1話より。

「カイニスの金の鳥」第1話より。[拡大]

「カイニスの金の鳥」は、女性の立場が弱かった19世紀イギリスで作家となることを夢見た女性リア・ボイドの物語。リアは自分が書いた小説を大人に見せても「子どもの遊び」とまともに取り合ってもらえず、同じものを架空の従兄弟・アランが書いたと見せれば「よく書けている」と褒められる。それは実は自分が書いたと告白しても「女の子がこんな文 書けるわけない」と信じてもらえず、世間の「女は男より劣っている」という思い込みに彼女は絶望。第1話では、自分を認めさせるため、リアが大胆な計画を立て実行に移す様子を描く。

この記事の画像(全6件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。