コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

小山ゆうが江戸幕府に立ち向かった男を描く新連載「颯汰の国」ビッグコミックで

85

「颯汰の国」扉ページ

「颯汰の国」扉ページ

小山ゆうの新連載「颯汰の国」が、本日2月9日発売のビッグコミック4号(小学館)で始動した。

ビッグコミック初登場となる小山の「颯汰の国」は、江戸幕府に立ち向かった男の人生を描く歴史活劇。物語は徳川家康の死から5年ほど経った頃、主人公の颯汰が5歳のときから描かれる。

なお今号には、去る1月に神奈川・川崎市市民ミュージアムで行われたさいとう・たかをちばてつやによるトークイベントの模様の一部が掲載された。

コミックナタリーをフォロー