コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「キャロル&チューズデイ」楽曲にNulbarichら参加、新キャラ4人も公開

75

TVアニメ「キャロル&チューズデイ」の新たな楽曲情報、キャラクター情報が公開された。

本作は総監督を務める渡辺信一郎曰く「音楽そのものをテーマとした作品」。劇中歌を手がけるアーティストとして新たに発表されたのは、LAを拠点に活躍するエヴァン・キッド・ボガート、イギリスのバンド・キーンのティム・ライス・オクスリー、ノルウェーのアコースティック・デュオであるキングス・オブ・コンビニエンスのアイリック・ボー、日本のバンド・Nulbarich。さらにオープニングテーマの「Kiss Me」はNulbarichが、エンディングテーマ「Hold Me Now」はオランダのアーティスト、ベニー・シングスが書き下ろした。なお両曲の歌唱アーティストは追ってアナウンスされる。

併せてプロフィール不明の音楽プロデューサー・タオ、自称・敏腕マネージャーのガス、AIプログラマー兼システムエンジニアのロディ、DJ兼音楽プロデューサーのアーティガンという4人の男性キャラクターの設定画、プロフィールも公開。それぞれの担当キャストは続報を待とう。

「キャロル&チューズデイ」は人類が火星に移り住んで約50年になる時代を舞台に、キャロルとチューズデイ、2人の少女が出会うことから始まる物語。キャラクター原案は窪之内英策、アニメーション制作はボンズが手がけ、4月よりフジテレビ「+Ultra」にて放送されるほか、Netflixで全世界独占配信が行われる。

TVアニメ「キャロル&チューズデイ」

2019年4月よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送
NETFLIXにて全世界独占配信

スタッフ

総監督:渡辺信一郎
監督:堀元宣
キャラクター原案:窪之内英策
キャラクターデザイン:斎藤恒徳
音楽:Mocky
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:ボンズ

(c)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

コミックナタリーをフォロー