コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「節約ロック」くっきーがロックの神様役に、ジミヘンなどに十変化

187

大久保ヒロミ原作のTVドラマ「節約ロック」に、オリジナルキャラクターとして野性爆弾くっきーが出演する。

くっきーが演じるのは、上田竜也務める主人公・タカオの心に住むロックの神様。タカオが聴いてきたロックの数だけ存在しており、ジミ・ヘンドリックスやフレディ・マーキュリーなど毎回さまざまなロックスターを模した姿で登場する。どこからともなく現れてはタカオに格言やアドバイスを授け、“節約”と“ロック”の間で揺らぐタカオを“節約”へ導くというキャラクターだ。

このたびロックの神様が十変化したビジュアルとともに、くっきーからは「人民人間の皆様方ご堪能あれ。おもろいよぉ▼(▼はハートマーク)」とコメントが到着。共演する上田は「くっきーさん独特のお笑いのセンスやワードセンスがあり、思ってもみないところから笑いの爆弾が飛んでくるので、とにかく面白かったです」と語った。なおTVドラマの公式サイトでは、PR映像のロックの神様版バージョンが公開されている。

くっきー(ロックの神様役)コメント

節約とロックなど交わるはずもないと思っていたものがLEGOが如くビチハマり。テレビデオが出たと同じ衝撃でございます。
人民人間の皆様方ご堪能あれ。おもろいよぉ▼(▼はハートマーク)

上田竜也(タカオ役)コメント

ロックの神様のセリフは毎回アドリブが多く、リハーサルと本番でも違ったので、笑いをこらえるのが大変でした。くっきーさん独特のお笑いのセンスやワードセンスがあり、思ってもみないところから笑いの爆弾が飛んでくるので、とにかく面白かったです。
1話のジミヘンとのシーンは、最初の撮影だったこともあり、かなり笑ってしまいました。
突然「バンブーー!」と言われるところがあるのですが、その意味がわかったとき、耐え切れなかったです(笑)
必死に笑いをこらえているところでくっきーさんからボディタッチをされ、笑いから抜け出せなくなったシーンもありました。ロックの神様とのハチャメチャなやりとり、楽しみにしていてください!

TVドラマ「節約ロック」

日本テレビ「シンドラ」にて、2019年1月21日(月)24:59スタート

スタッフ

原作:大久保ヒロミ「節約ロック」(講談社「モーニングKC」刊)
脚本:森ハヤシ
演出:水野格、岡本充史、大江海
音楽:カワイヒデヒロ
編成企画:田中宏史、川口信洋
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:枝見洋子、長松谷太郎、森下友洋
制作プロダクション:AXON、ギークサイト
製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム

キャスト

上田竜也(KAT-TUN)、重岡大毅(ジャニーズWEST)、藤井美菜、アヤカ・ウィルソン、くっきー野性爆弾)、宇梶剛士

(c)NTV・J Storm

コミックナタリーをフォロー