コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ザ花に椿いづみ7年ぶりの新作、大川ぶくぶ「花とゆめとクソまんが劇場と花」も

174

本日10月25日に、ザ花とゆめ12月1日号(白泉社)が発売された。今号では「笑(わらい)」をテーマに、コメディ作品が多数ラインナップされている。

表紙を飾ったのは、「俺様ティーチャー」の椿いづみによる7年ぶりの新作「お前私のこと好きだろ」。高校の入学式である男子に一目惚れされたと悟った奈保子の、カラ回りラブコメディが展開された。また今号のザ花とゆめと「俺様ティーチャー」26巻の両方を購入した人に、オリジナルクッションとマグカップのセットなどが当たるプレゼント企画も実施されている。

さらにゲスト陣によるショートも充実。「ポプテピピック」の大川ぶくぶはオムニバス6編を詰め込んだ「花とゆめとクソまんが劇場と花」を披露した。「鬼灯の冷徹」の江口夏実は、自分の名前に不満を持つ少女・鬼桜ブロッサムを描いた「鬼桜ブロッサム」で登場。雨隠ギド「ゆらゆらQ(クイーン)」では、人と狐のハーフ・久子の、ほのぼのとした日々が描かれた。「きのこいぬ」の蒼星きままの親子エッセイマンガ「ぽんちゃんとゆく!」、「死神憑きの天宮さん」のアメノによる美男アンドロイドコメディ「寝起きのあらむくん」も掲載されている。

このほか「うたかたダイアログ」の稲井カオルによる新作読み切り「となりのコンシェルジュ」、「墜落JKと廃人教師」のsoraによる新作読み切り「アブダクション!」も。師走ゆき「高嶺と花」、友藤結「贄姫と獣の王」の番外編も登場した。

コミックナタリーをフォロー