コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

“今、一番売れてるビジネス書。”「キングダム」1~30巻の表紙がビジネス書風に

1658

「ビジネス書風キングダム」のポスター。(c)原泰久/集英社

「ビジネス書風キングダム」のポスター。(c)原泰久/集英社

原泰久「キングダム」の52巻が10月19日に発売されることに合わせ、「ビジネス書風キングダム」と題した施策が、三省堂書店をはじめとした全国の一部書店にて本日10月15日より展開されている。

「キングダム」1巻から30巻に、ビジネス書風にデザインした単行本と同サイズのカードを封入する「ビジネス書風キングダム」。劇中キャラクターがそれぞれの特性やリーダーシップを発揮し乱世を生き抜く様子がビジネスにおける経営論、組織論などと重なり、多くのビジネスパーソンが本作を愛読していることから施策の実施が決定した。信が表紙の9巻には「『バカという才能』直感で動く本能型の思考法」、楊端和が表紙の3巻には「『多様性社会のリーダーシップ』人種・性別を超えて共生していく職場」というコピーがキャラクターのイラストともにあしらわれている。

このほか10月29日から11月4日までJR渋谷駅、新橋駅、新宿駅、池袋駅、東京駅では、劇中キャラクターのセリフを各駅の特性にあわせて編集したコマをポスターとして掲出。スタートアップ企業が多く集まる渋谷には「この谷に漂う血気盛んなスタートアップの匂い。たまりませんねェ。」という王騎、居酒屋の多い新橋には「飲めい 新橋で働くものたちよ 仕事の後の酒は格別じゃァ」というヒョウ公のポスターが登場する。

コミックナタリーをフォロー