コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「曇天に笑う〈外伝〉」最終章、代永翼の悩みにハイトーンボイスの下野紘が共感

2245

唐々煙原作による劇場アニメ「曇天に笑う〈外伝〉 ~桜華、天望の架橋~」の公開初日舞台挨拶が、本日9月1日に東京・丸の内ピカデリーにて開催された。

全3部作にて展開されている劇場アニメ「曇天に笑う〈外伝〉」の最終章となる「桜華、天望の架橋」では、曇三兄弟の次男である空丸と、三男である宙太郎が、兄の存在と己を乗り越えていく戦いと成長のドラマを展開。舞台挨拶には曇空丸役の梶裕貴、曇宙太郎役の代永翼、武田楽鳥役の下野紘が登壇した。

梶は「劇場版はテレビシリーズが終了してから時間が空いて公開されたので、空丸をもう一度演じさせていただけるのがうれしかったです。この外伝も合わせて『曇天に笑う』という作品が形になったなという印象がありますね」と挨拶。代永は本作について「(原作では)結構な長さのあるエピソードなので、これをどのようにまとめるのかというのが気になっていました」としながら、「素敵にまとめていただいて僕らとしても演じていて楽しかったですね」とアフレコを振り返る。

代永は久々の「曇天に笑う」のアフレコであったことから、テスト時には宙太郎の声をうまく出すことができなかったことを告白。代永が「(喉を)温めるまでに時間がかってしまって」と語ると、下野は「歳を取ってくると、エンジンかけたあとにしばらく温めないとなかなか声が出ないよね(笑)。同じハイトーンボイス(の役者)としてわかるよ、気持ちは」と共感する。下野のこの発言に対し代永は、「ちょうど今日(壇上にいるのは)ハイトーンボイス3人衆ですからね(笑)」と返答。一方で梶は代永の声について「僕は代永君のキャラクターの中で宙太郎が1、2を争うくらい好きです。良い楽器持ってる人だなってわかる」とコメントした。

本作の感想を問われた下野は「僕はまず出番があるのかという心配がありました(笑)」とこぼす。「1作目(『決別、犲の誓い』)が終わったときに、スタッフの方から『下野さん、大丈夫です。武田はこのあとすごい出てきますから』って気を遣ってもらったりして。ただ最後の3作目で登場させていただいて、犲(やまいぬ)として成長した部分を見せられたんじゃないかと思います」と自信を覗かせた。

「曇天に笑う〈外伝〉 ~桜華、天望の架橋~」は、本日より2週間限定にて劇場上映。入場者には公開1週目と2週目でそれぞれ異なるコースターがプレゼントされる。

劇場アニメ「曇天に笑う〈外伝〉 ~桜華、天望の架橋~」

2018年9月1日(土)より2週間限定劇場上映

スタッフ

原作:唐々煙「曇天に笑う〈外伝〉」(マッグガーデン刊)
監督:若野哲也
シリーズ構成:梅原英司
キャラクターデザイン:田中紀衣
音楽:やまだ豊
アニメーション制作:WIT STUDIO

キャスト

曇天火:中村悠一
曇空丸:梶裕貴
曇宙太郎:代永翼
安倍蒼世:鳥海浩輔
佐々木妃子:大原さやか
芦屋睦月:藤原祐規
鷹峯誠一郎:安元洋貴
犬飼善蔵:藤原貴弘
屍千狼:岩崎ひろし
武田楽鳥:下野紘
錦:能登麻美子
虎:松岡禎丞
亞華羽:白石涼子

(c)唐々煙/マッグガーデン・曇天に笑う外伝製作委員会

コミックナタリーをフォロー