コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

浦沢直樹の新作「夢印」発売記念し、「浦沢直樹展」の会場でサイン会

105

浦沢直樹「夢印-MUJIRUSHI-」の発売を記念したサイン会が、「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-」が開催中の埼玉・埼玉県立近代美術館にて8月21日に行われる。

サイン会は定員50名の抽選制で、参加には会場で販売される「夢印-MUJIRUSHI-」豪華版の購入が必要。参加希望者は特設ページから8月12日23時59分までに申し込もう。当落結果の発表は8月14日から8月15日の間にメールで配信予定。なお浦沢は8月12日にも同会場でサイン会を行うが、こちらの申し込みは締め切られている。

ビッグコミックオリジナル(小学館)にて発表された「夢印-MUJIRUSHI-」は、ルーヴル美術館との共同プロジェクトとして執筆された作品。物語は多大な借金を背負った父と娘が、ひょんなことから「仏研」と書かれた看板が立つ古い館に訪れるところから動き出す。

浦沢直樹サイン会

日時:2018年8月21日(火)14:30~
会場:埼玉県立近代美術館2階講堂
定員:50名

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-」

会期:2018年7月7日(土)~9月2日(日)※月曜休館(7月16日、8月13日は開館)
時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
料金:一般1100円(880円)、大高生880円(710円)※括弧内は団体料金。中学生以下無料。

コミックナタリーをフォロー