コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ぐらんぶる」先行上映会で内田雄馬「みんなといい夏を過ごせたら!」

288

井上堅二・吉岡公威原作によるテレビアニメ「ぐらんぶる」の先行上映会が、本日7月8日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で開催された。

イベントではアニメ第1話と第2話が上映された後、北原伊織役の内田雄馬、今村耕平役の木村良平、時田信治役の安元洋貴、寿竜次郎役の小西克幸が登壇。内田が完成した映像について、「パワー感がすごくて、観ているだけでも体力を持ってかれました。原作の世界を、よくここまでアニメにしたなと」と話すと、安元も「あんなに潔く(股間を隠すための)黒丸がついているとは思わなかったよね(笑)」と応酬した。

「ぐらんぶる」がダイビングをテーマにした作品ということで、4人も先日、実際にダイビング体験をしてきたそう。会場ではそのときの写真やダイジェスト映像がお披露目された。4人はバーベキューで食べた伊勢海老が美味しかったこと、ダイビングショップの店長・古手川登志夫のモデルとなった人がイラストとそっくりだったことなどを楽しそうに振り返った。なおこのダイビング体験の様子は、アニメ「ぐらんぶる」のBD/DVDに映像特典として収録される。

イベントはそのほか、お題をジェスチャーで伝えるゲームコーナー、追加キャストの発表など、盛りだくさんの内容で送られた。最後の挨拶で小西は、「テンションを上げて、スタジオがしっちゃかめっちゃかになりながら、和気あいあいと収録しています。間違いなく楽しいものを届けられると思います!」とコメント。木村は「同じ泳ぐ作品として(同じクールに放送される)『Free!』には負けないぞ」と冗談めかして宣言し、内田は「いい夏をみんなと過ごせたらと思います!」とメッセージを送った。

「ぐらんぶる」は水が苦手で泳げない主人公・北原伊織が、仲間たちとともに“水の中”という新世界を体感する青春ストーリー。アニメは7月13日よりMBS、TBS、BS-TBSの「アニメイズム」枠ほかにて放送開始となる。

(c)井上堅二・吉岡公威・講談社/ぐらんぶる製作委員会

コミックナタリーをフォロー