コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「荒木飛呂彦原画展」描き下ろしキービジュ公開、新作大型原画12枚の展示も決定

1299

荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」の展覧会「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の描き下ろしキービジュアルが公開。また大阪の大阪文化館・天保山への巡回が決定した。

描き下ろしキービジュアルは東京会場と大阪会場それぞれに用意され、東京会場のものには空条承太郎が、大阪会場のものにはDIOが描かれた。展覧会は8月24日から10月1日まで東京・六本木の国立新美術館にて、11月25日から2019年1月14日まで大阪文化館・天保山にて開催される。大阪会場では東京会場から原画の一部が入れ替わる予定だ。

このたび展覧会の見どころとして、荒木描き下ろしによる完全新作の大型原画が全12枚展示されることが明らかに。大型原画は2000mm×1200mmサイズで、1枚ごとに異なるキャラクターとスタンドが等身大で描かれる。また展示会場にて、音声ガイドが貸し出しされることも決定。音声ガイドには荒木本人による解説が収録され、各展示コーナーの見どころを声優・ナレーターの恒松あゆみとともにナビゲートする。

さらに会場で販売される展覧会オリジナルグッズの一部も追加公開。ジョルノのテントウムシをリアルに再現した「ジョルノブローチ」、プッチ神父がデザインされたUSBカードスティック、イギーの手のひらサイズのぬいぐるみ、ブチャラティの「スティッキーフィンガーズ」をイメージしたスワロフスキーブレスレットなどがラインナップされた。

なお8月22日から10月1日まで、東京・六本木にあるカフェ・メルセデス ミーとのコラボレーションも決定。特別コラボメニューの提供や、施設内のラッピングが実施される。メニュー詳細などは後日発表予定だ。

※イベントレポートへはこちらから!
【イベントレポート】「ジョジョ」原画展会見、荒木飛呂彦が目指すのはキャラと来場者の空間共有(コメントあり) - コミックナタリー

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 東京会場

会期:2018年8月24日(金)~10月1日(月)※8月22日(水)、23日(木)はプレビューデイ。
時間:10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00まで)※最終入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室2E

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 大阪会場

会期:2018年11月25日(日)~2019年1月14日(月)※11月23日(金・祝)、24日(土)はプレビューデイ。
時間:10:00~20:00 ※最終入場は閉館の30分前まで
会場:大阪文化館・天保山

(c)荒木飛呂彦&LUCKYLANDCOMMUNICATIONS/集英社

コミックナタリーをフォロー