コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「劇場版ドルメンX」志尊淳、浅香航大を「カッコいい」と褒めるも2人で照れ笑い

158

「劇場版ドルメンX」の初日舞台挨拶の様子。左から堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝。

「劇場版ドルメンX」の初日舞台挨拶の様子。左から堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝。

高木ユーナ原作による「劇場版ドルメンX」の初日舞台挨拶が、去る6月15日に東京・TOHOシネマズ新宿にて開催。隊長役の志尊淳、イチイ役の浅香航大、ニイ役の小越勇輝、ヨイ役の玉城ティナ、実光修吾役の桐山漣、サイ役の堀井新太、羽多野社長役の徳井義実チュートリアル)、音楽プロデューサーのくっきー野性爆弾)、監督の小室直子が登壇した。

ドルメンXのリーダーである隊長役の志尊は、「本日初日の幕を上げることができて感謝の気持ちでいっぱいです」と挨拶。「『ドルメンX』でエゴサーチをするとたくさんの方に観ていただけてるんだなっていうのを感じることができて、実感が湧きました」と心境を明かした。

イベントでは登壇者が隣のキャストに気持ちを伝えていくコーナーを展開。実光修吾役の桐山は、ドルメンXのマネージャーを務めるヨイ役の玉城に「こんなに可憐なのに、倒れるのがめちゃくちゃうまかった。キレイにストーン!と倒れていた」と褒め称える。続く玉城は堀井について「よく話しかけてくれるから助けられました」と感謝の告白。それを聞いていた堀井は「ムードメーカーと思われがちなんですけど、僕はいろんな現場で臨機応変にやれるんで」と自信満々に語りだし、キャスト陣をざわつかせる。玉城は「こうやっていい意味で場の空気を乱してくれるんですよね」とまとめた。

「言いたいこと言っていいんですよね?」と前置きをした堀井は、志尊に向けて「愛してんぜ」と思いを告げる。しかし志尊は「あのね、結構需要ないと思うよ、この2人」と冷静に分析。堀井は改めて「淳とは3度目の共演になるんですが、毎回『うわあ、すげえな』って尊敬してて。周りのことも見てるし優しいし、男として惚れる」と「愛してる」に込めた意味を説明した。

そんな志尊は浅香と出会った当時のことを思い返しながら、現在の浅香について「大人の魅力が増した」とコメント。「ふざけるときの抜け感にも色気を感じて。いやあ、カッコいいっすよ航大さん」と口にすると、浅香は「ありがとう」と照れ笑いを浮かべ、志尊も「これ恥ずかしいよね」と照れた様子を見せた。浅香は小越としばし見つめ合い「そうだなあ……お前ほんとかわいいな。好きだよ」と愛をささやくと、志尊から「現場でいつもこんな感じなんですよ」、玉城から「いつもやってた」と突っ込まれる。浅香は「でも本当にストイックで、そういうところを尊敬しますね」と真面目に回答しつつも、「あとやっぱかわいい。これは生まれ持った才能ですよ」と再びその愛くるしさを褒めちぎった。

最後に志尊は「やっとこの舞台挨拶をやって『公開したんだな』って、うれしい気持ちと何か寂しい気持ちが湧いてきました」と心境を吐露しながら、「皆さんからお声をいただいて、どんどんドルメンXの輪が広がっていったらうれしいです」とファンへメッセージを贈った。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記。

(c)高木ユーナ/小学館 ビッグコミックス

コミックナタリーをフォロー