コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ムヒョロジ」追加キャスト5名発表!明坂聡美がリオ役、羽多野渉がペイジ役に

572

左から黒鳥理緒(リオ)を演じる明坂聡美、我孫子優(ビコ)を演じる河村梨恵、ペイジ・クラウスを演じる羽多野渉、今井玲子を演じる斎賀みつき、竹乃内菜々(ナナ)を演じる野水伊織。

左から黒鳥理緒(リオ)を演じる明坂聡美、我孫子優(ビコ)を演じる河村梨恵、ペイジ・クラウスを演じる羽多野渉、今井玲子を演じる斎賀みつき、竹乃内菜々(ナナ)を演じる野水伊織。

西義之原作によるテレビアニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の追加キャスト5名が解禁された。

ムヒョ役を村瀬歩、ロージー役を林勇、エンチュー役を神谷浩史、ヨイチ役を柿原徹也が担当することは既報の通り。このたびムヒョの昔の同級生で、魔具師のビコこと我孫子優役を河村梨恵、その師匠でカリスマ魔具師のリオこと黒鳥理緒役を明坂聡美が演じることが発表された。また魔法律協会の調査本部長を務め、ムヒョとエンチューの師匠、ヨイチの上司であるペイジ・クラウス役には羽多野渉が決定。裁判官でヨイチの先輩の今井玲子役には斎賀みつき、事務所にたびたびやってくる写真家志望の女子高生・ナナこと竹乃内菜々役には野水伊織がキャスティングされた。

学生時代に男女問わず周囲の人間が「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」を読んでいたという明坂は「大人になった同級生達が『あの時の興奮を思い出した』と言ってくれるような演技が出来るように頑張りたいと思います」とコメント。羽多野は「役名を聞いて驚きました…!まさかのペイジ。これは挑戦だと思いました」と意気込みを寄せた。

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」は、罪を犯した悪霊をあの世に送る法・魔法律を駆使する執行人・ムヒョこと六氷透と、助手のロージーこと草野次郎の活躍を描いたダークファンタジー。2004年から2008年にかけて週刊少年ジャンプにて連載され、現在は少年ジャンプ+にて続編にあたる「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師編」が連載されている。アニメはBSスカパー!およびアニマックスにて今夏放送スタート。

明坂聡美コメント

学生時代、周囲が男女問わず読んでいたので、参加できると聞いた時はかなりビックリしました。本当にあのムヒョとロージーですか?と。ファンの方は勿論のこと、大人になった同級生達が「あの時の興奮を思い出した」と言ってくれるような演技が出来るように頑張りたいと思います。

河村梨恵コメント

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」は、学生の頃に夢中で読んでいた作品だったということもあり、私自身もアニメ化を熱望していた為、出演が決まった時は感動と興奮と緊張で眠れませんでした。
ビコとしてこの世界の一員になれることを大変光栄に感じています!
心優しくて、繊細だけどとても芯が強いビコ。そんなビコの魅力を最大限に引き出せるよう、精一杯演じさせていただきます!

羽多野渉コメント

役名を聞いて驚きました…!まさかのペイジ。これは挑戦だと思いました。

斎賀みつきコメント

お話をいただき、どんな人でどんな風に物語に関わってくるのか、と、今井さんに会えることをとても楽しみにしていました。

野水伊織コメント

元々原作を読んでいて、あたたかいお話が多くて大好きな作品だったので、びっくり&とてもうれしい!という気持ちでした。今でもまだ信じられないくらいです。
ナナちゃんは人の痛みがわかる、まっすぐな子。
原作通りみんなから愛される子になるように頑張ろうと思いました。

アニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」

2018年夏 BSスカパー!&アニマックスにて放送

スタッフ

監督:近藤信宏
脚本:鈴木やすゆき
キャラクターデザイン:河野紘一郎
総作画監督:只野和子、松下浩美
音楽:川崎龍 ※崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。
アニメーション制作:スタジオディーン

キャスト

六氷透(ムヒョ):村瀬歩
草野次郎(ロージー):林勇
円宙継(エンチュー):神谷浩史
火向洋一(ヨイチ):柿原徹也
黒鳥理緒(リオ):明坂聡美
我孫子優(ビコ):河村梨恵
ペイジ・クラウス:羽多野渉
今井玲子:斎賀みつき
竹乃内菜々(ナナ):野水伊織

(c)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会

コミックナタリーをフォロー