コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

名探偵コナン×USJの脱出ゲームを青山剛昌が体験「今までで一番面白かった」

772

「名探偵コナン・ザ・エスケープ ~ゼロの序曲(プレリュード)~」を体験する青山剛昌。

「名探偵コナン・ザ・エスケープ ~ゼロの序曲(プレリュード)~」を体験する青山剛昌。

「名探偵コナン」の作者である青山剛昌が、本日4月23日に「名探偵コナン」を題材としたリアル脱出ゲーム「名探偵コナン・ザ・エスケープ ~ゼロの序曲(プレリュード)~」を体験した。

今年1月19日より大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて展開されている同イベント。「名探偵コナン」をよく知る知人2名とともに、「チームコナン」のリーダーとしてゲームに挑んだ青山は、「楽しみにしていました。がんばってきます!」と意気込みながら数々の難問に挑んでいく。いくつものピンチを乗り越えながらも、制限時間が迫り結果は脱出ならず。青山は「とっても楽しかったです。結構時間があったけど、あっという間でした! ほかにもいくつか脱出ゲームを体験したことがあるけど、今までで一番面白かった」とゲームに太鼓判を押した。またこれから体験するファンに向けて、「チームコナンとして仲間で連携して脱出ゲームを楽しめるところがオススメです!」とコメントを寄せた。

「名探偵コナン・ザ・エスケープ ~ゼロの序曲(プレリュード)~」は、6月24日まで開催中。

なおコミックナタリーでは公開中の劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」に出演している、安室透役の古谷徹にインタビューを実施。映画の見どころはもちろん、「純黒の悪夢」やテレビシリーズについても振り返ってもらった。

(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

コミックナタリーをフォロー