コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ポプテピピックの表現学」デザイン誌MdNが“クソアニメ”を本気で取材・考察

7271

大川ぶくぶ原作によるテレビアニメ「ポプテピピック」が、明日4月6日発売のデザイン誌・月刊MdN5月号(エムディエヌコーポレーション)で特集される。

MdN5月号の特集「ポプテピピックの表現学」は、アニメ「ポプテピピック」の表現形態を取材と考察から読み解く内容。本作の首謀者であるキングレコード所属のプロデューサー・須藤孝太郎に「概論」、シリーズディレクター・青木純に「演出論」、キャラクターデザインを担当した梅木葵に「キャラクター論」、異色コーナー「ボブネミミッミ」を担当したAC部に「辺境論」を聞くインタビューページ、loco2kitがポプ子とピピ美の友愛について書いた「異なる世界線で僕らが出会った記憶の断片」、各エピソードの見どころをガイドする全話解説といった読みものに加え、ポプ子とピピ美のキャラクター表やラフ原画などの制作資料、アニメと原作のビジュアルを融合させたビジュアル企画も掲載された。

コミックナタリーをフォロー