コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

弱虫ペダル×眼鏡市場第2弾、葦木場モデルや御堂筋モデルなど全8種

491

「弱虫ペダル GLORY LINE」と眼鏡市場のコラボビジュアル。

「弱虫ペダル GLORY LINE」と眼鏡市場のコラボビジュアル。

渡辺航原作のテレビアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」が、眼鏡市場とコラボレート。キャラクターをモチーフとしたオリジナルメガネが、2018年1月27日より眼鏡市場の一部店舗にて数量限定で販売される。

「弱虫ペダル」と眼鏡市場のコラボはこれが2度目。メガネは全部で8種類で、葦木場拓斗、黒田雪成、泉田塔一郎、銅橋正清、新開悠人、御堂筋翔、岸神小鞠、鏑木一差という8人の、それぞれの自転車や髪の色、キャラにまつわるアイテムなどをイメージしたフレームとなっている。フレームはオリジナルメガネケースとのセットで販売され、価格はいずれも1万6200円。

またコラボメガネの発売を記念し、12月23日からは眼鏡市場4店舗とオンラインショップにて、第1弾でコラボした小野田坂道、真波山岳、鳴子章吉、新開隼人、今泉俊輔、荒北靖友、巻島裕介、東堂尽八、手嶋純太、青八木一という10人のデフォルメキャラがそれぞれ描かれたメガネ拭きを販売。生地の大きさも厚さも、コラボメガネに付属していたメガネ拭きの約2倍だ。

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会

コミックナタリーをフォロー