コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「やれたかも委員会」月満子役は朝比奈彩&パラディソ役は本多力

267

ドラマ「やれたかも委員会」ビジュアル。

ドラマ「やれたかも委員会」ビジュアル。

吉田貴司原作によるドラマ「やれたかも委員会」の追加キャストが発表された。

「やれたかも委員会」は、「あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない」という思い出を持つ人々が体験談を語り、聞き手となる委員会メンバーが「やれた」か「やれたとは言えない」かを判定していく作品。女性ならではの視点で淡々と判定を下す月満子役は朝比奈彩、依頼者のエピソードを読み砕き、判定結果を伝えるミュージシャン・パラディソ役は本多力が演じる。本作について朝比奈は「とにかく原作の世界観がとても面白くて、一見くだらないと思える事も真剣に論理的に意見を言う。そんな少しクールな月満子になれる様に頑張ります」と意気込みを語り、本多は「もっと“やれたかも”、と思い残さないように、やりきりたいと思います!」とドラマへの想いを語った。

なお主人公で「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明役はロバートの秋山竜次が演じる。またメインキャスト3人のビジュアルも公開された。全8話で展開されるドラマ「やれたかも委員会」は、2018年1月27日より毎週土曜23時よりAbemaTVにて放送スタート。

朝比奈彩(月満子役)コメント

今回、月満子役を演じさせていただく朝比奈彩です。とにかく原作の世界観がとても面白くて、一見くだらないと思える事も真剣に論理的に意見を言う。そんな少しクールな月満子になれる様に頑張りました。秋山さん、本多さんのキャラクターが本当に原作通りで思わず本番中笑いそうになってしまいます。見所はストーリーも面白いのですが、委員会室で起こる、なんとも言えない駆け引きや微妙な感情の表現など、細部までこだわった作品です。ぜひ、見てください!!

本多力(パラディソ役)コメント

撮影現場はスリリングでキャスト・スタッフが有機的に絡み合っていて毎回本当に楽しいです。秋山さんとも朝比奈さんともはじめましてですが、空き時間も一緒にセリフ合わせをしたり濃い時間をヘトヘトになるまで過ごしております。もっと“やれたかも”、と思い残さないように、やりきりたいと思います!

ドラマ「やれたかも委員会」

初回放送:2018年1月27日(土)より毎週土曜23:00~23:30
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

原作:吉田貴司
プロデューサー:宮本博行
キャスト:秋山竜次、朝比奈彩、本多力 ほか

(c) AbemaTV

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー