コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ガンダム サンダーボルト」“花”に込められた意味やイオ&ダリルの曲の対比語る

220

太田垣康男原作によるアニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」の初日舞台挨拶が、本日11月18日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、イオ・フレミング役の中村悠一、ダリル・ローレンツ役の木村良平、ビアンカ・カーライル役の古川由利奈松尾衡監督、小形尚弘プロデューサーが登壇。古川がMCも務めた。

同作は「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第2シーズンに新規シーンを加えた特別編。上映初日を迎え、中村、木村ともに「ようやく皆さんにお届けできた」と今の心境を述べる。上映の様子を観ていたという松尾監督は「大きい画面で観るっていうのは、僕らにとっては拷問だね(笑)。(視聴の)推奨はiPadサイズです」と控えめに語る。一方で「音はぜひ大音量で聴いてほしい」と自信を覗かせ、小形プロデューサーも「今回の劇場版は低音を効かせてるはずです」と続くと、観客もその音楽の迫力を思い返し大きく頷いた。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」と名付けられたタイトルの意味を問われると、松尾監督は「震災があってしばらくしてから(被災地を)見に行ったことがあって。人が住めないような状態のところだったんだけど、植物だけは元気に育っていて。花もたくさん咲いていて、『なんでここで人が住めないんだろう』という気持ちがあった一方で、風と水があれば植物は力強く育つんだなと感じた」と述懐。「こうやって人が居なくなったところでもどんどんテリトリーを広げて咲いていくさまが、戦争が終わってもまだ戦争をやっている人たちと掛けられないかなと思って、“山賊”という意味の“BANDIT”を足して“花のように進んでいく人たち”と意味づけた」と語る。劇中のさまざまなシーンに花が登場することについても、それぞれに花言葉の意味が込められていると言い、「(本編の)頭に足した紫陽花もそうだし、カーラが歩いているシーン(に登場する花)も花言葉と掛けてあるんです」と説明。「ダリルが乗っているアッガイのレーダーがパッと開くのも、花のように開くという意味でああいうデザインになってるんですよ」と明かした。

劇中でライバルという存在でありながら、今作では関わるシーンのないイオとダリル。中村は「イオは、ダリルのことは頭の片隅にもないと思います。『死んでんじゃない?』くらいにしか思ってないかも」と述べる。「見かけたら『あっ!』って言うと思うけど」と想像すると、「おおーっ!」と気さくに手を挙げる木村に「仲良くなってるじゃん(笑)」と突っ込んだ。

また好きなシーンについて聞かれると、中村は「(配信版に比べて)アトラスの戦闘シーンが長くなったんですけど、その追加のシーンで“戦闘狂”なイオらしさが出てる」とコメント。一方の木村は「前作のときは(イオとダリルの)曲の対比がもっと観たいと思っていたので、今回はダリル曲が増えてうれしかった。『♪かわいいかわいい』(『可愛いあたし(feat.市川愛)』)とか、印象的な曲が多い」と語る。木村が“アッガイダンス”“お風呂シーン”という独自の表現で好きなシーンを説明し、「かわいいんですよ、大好き。……あそこを『機能を調整してるんだ』とか訳の分からないことを言う人がいるんですけど、違うんです。あれは“アッガイダンス”なんです」と主張すると、黙って聞いていた松尾監督は「違いますよ」と一蹴。「ホントにもう、温泉だなんだって、俺の渾身の絵コンテをなんだと思ってるんだ!(笑)」と笑った。

同シーンについて、木村は「ちょっとポップに入ったところから、あの曲をバックにシリアスな展開になっていく流れがすごい好きで」とさらなる魅力を熱弁。小形プロデューサーが「曲をもらったときはどうしようかと思いましたよね」と触れると、松尾監督は「こんな感じの曲をお願いしますと(音楽の菊地成孔に)発注するんですけど、だいたいひとつ飛び越えたものが来るんですよ。(民謡をアレンジした)『串本節』が来たときとか、『どうすればいいんだ!?』と思った(笑)」と裏話を明かす。中村と木村は、そういったインパクトの強い楽曲が組み込まれているからこそ「イオとダリルの対比が表現されている」「カッコいい」と口を揃えた。

最後に木村は「今回まだ(イオとダリルは)会えていないので、皆さんが『面白かった!』と言っていただければイオに会えるかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします」、中村は「大きいでスクリーンで観て、いい音響で聴いたときに発見できる場所もたくさんあると思います。(今作は)先が作れるように終わらせるという見事な腕前を発揮しておりますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします」と挨拶した。

アニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」は、本日11月18日から2週間限定にて全国15館の劇場で上映。「機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影」との同時上映が行われている。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」×「機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影」

2017年11月18日(土)より2週間限定で上映

上映館

東京:新宿ピカデリー、シネマサンシャイン池袋、TOHOシネマズ上野
神奈川:横浜ブルク13
千葉:MOVIX柏の葉
埼玉:MOVIXさいたま
栃木:MOVIX宇都宮
宮城:MOVIX仙台
北海道:札幌シネマフロンティア
大阪:大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ
京都:MOVIX京都
愛知:ミッドランドスクエア シネマ、MOVIX三好
福岡:T・ジョイ博多

(c)創通・サンライズ

コミックナタリーをフォロー