新米執事は暗殺者?「影執事マルク」がAsukaでコミカライズ

本日12月24日に発売された月刊Asuka2010年2月号(角川書店)にて、人気ライトノベル「影執事マルクの手違い」のCOMTAによるコミカライズ連載がスタートした。

月刊Asuka2010年2月号。表紙は小田切ほたる「裏切りは僕の名前を知っている」。

月刊Asuka2010年2月号。表紙は小田切ほたる「裏切りは僕の名前を知っている」。

大きなサイズで見る

「影執事マルク」シリーズは、手島史詞によるライトノベル。ヴァレンシュタイン家に務める新米執事であり暗殺者のマルクが繰り広げるバトルファンタジーだ。

また10月に休刊となったビーンズエースより、柴田五十鈴「身代わり伯爵の冒険」の移籍連載もスタート。「身代わり伯爵の冒険」の最新刊となる単行本2巻は、12月26日に発売される。

なお今号では、小田すずか「心霊探偵八雲」のアニメ化の発表も。2010年秋よりNHK BS2で放送開始予定で、ビィートレインが制作を手掛け、シリーズ構成を川崎ヒロユキが担当する

COMTAのほかの記事

リンク