「ゴールデンカムイ」制作はジェノスタジオ、難波日登志監督が「放送規制に挑む」

1

3787

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 2123 1610
  • 54 シェア

野田サトル原作によるテレビアニメ「ゴールデンカムイ」の制作を、映画「虐殺器官」を手がけたジェノスタジオが担当することが発表された。

アニメ「ゴールデンカムイ」のビジュアル。

アニメ「ゴールデンカムイ」のビジュアル。

大きなサイズで見る(全3件)

大貫健一のイラスト入りコメント。

大貫健一のイラスト入りコメント。[拡大]

アニメ「ゴールデンカムイ」では監督を「Fate/Grand Order -First Order-」の難波日登志、シリーズ構成を「将国のアルタイル」の高木登、キャラクターデザインを「デジモンユニバース アプリモンスターズ」の大貫健一が担当。難波監督は「野田サトル先生が『映像化、やれるもんならやってみろ』というつもりで漫画を描いているとおっしゃっていましたが、果敢にも無謀にもアニメ化を、そしてその監督をやらせていただくことになりました。もちろん野田先生がいわれているように厄介な作品ではありますが、チャレンジ精神でスタッフ一同と共に放送規制に挑みます!」とコメントを寄せている。

「ゴールデンカムイ」はゴールドラッシュに湧いた明治後期の北海道を舞台に、アイヌが遺した莫大な埋蔵金を狙う「不死身の杉元」の異名を取る元軍人と、アイヌの少女を軸に描く冒険活劇。原作は週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載されている。

この記事の画像(全3件)

難波日登志コメント

野田サトル先生が「映像化、やれるもんならやってみろ」というつもりで漫画を描いているとおっしゃっていましたが、果敢にも無謀にもアニメ化を、そしてその監督をやらせていただくことになりました。もちろん野田先生がいわれているように厄介な作品ではありますが、チャレンジ精神でスタッフ一同と共に放送規制に挑みます!杉元とアシ(リ)パと仲間たちの金塊探し大冒険!ぜひ放送をお楽しみに!!

高木登コメント

脚色者にとって原作が面白いのは幸せなことです。自分はそうした機会に恵まれ、いくつもの原作に幸福な伴走をすることができましたが、またあらたに一本、『ゴールデンカムイ』に関わらせていただくことになりました。この破天荒な面白さを最良のかたちでお届けするべく、監督以下スタッフのみなさんと知恵をしぼっているところです。どうかご期待くださいませ。

「ゴールデンカムイ」

原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:大貫健一
制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

全文を表示
(c)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

「ゴールデンカムイ」制作はジェノスタジオ、難波日登志監督が「放送規制に挑む」 https://t.co/AOZxkJS22t https://t.co/BtQ6bgrUDM

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

野田サトルのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 野田サトル / 難波日登志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。