コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

雲田はるこや石田彰ら登場、落語・マンガ・アニメの魅力に迫るイベント

590

雲田はるこが、10月14日に東京・練馬文化センター大ホールにて開催される「『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。」に登場する。

これはアニメーションをより深く楽しく、身近に感じてもらうことを目的にしたイベント「練馬アニメカーニバル2017」の一環として行われるプログラム。同イベントは「アニメ作品がもう一歩面白くなる2日間」をテーマに10月14日、15日に東京・練馬駅北口周辺で開催される。

「『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。」では、雲田の「昭和元禄落語心中」をテーマに、落語、マンガ、アニメの魅力に迫るステージを展開。雲田のほか、アニメ「昭和元禄落語心中」で有楽亭八雲役を演じた石田彰、落語家の立川志らくと立川志ら乃、4名によるトークが行われるほか、アニメ「昭和元禄落語心中」の中から厳選した1話が上映される。

イベントの参加には事前申込みが必要。「練馬アニメカーニバル2017」の公式サイトに設置された専用フォームにて申し込もう。受付期間は10月1日24時まで。

なお「練馬アニメカーニバル2017」では、そのほかにも手塚治虫文化賞受賞作家によるサイン入りパネル展や、こうの史代原作による映画「この世界の片隅に」のトークイベント、「『タツノコプロ55周年祭』スペシャルステージ」など、さまざまなプログラムが用意されている。詳細は公式サイトにて確認を。

「『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。」

日時:2017年10月14日(土)11:00~13:00
会場:練馬文化センター大ホール
ゲスト:雲田はるこ石田彰立川志らく、立川志ら乃

「練馬アニメカーニバル2017」

日時:2017年10月14日(土)、15日(日)11:00~18:30
会場:練馬駅北口周辺(練馬文化センター、区民・産業プラザ、平成つつじ公園、ペデストリアンデッキ)
入場料:無料
主催:練馬アニメカーニバル推進連絡会

コミックナタリーをフォロー