コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚作品のキャラ、初音ミクやリラックマも!日本画の世界と異色コラボの展覧会

502

手塚治虫の生み出したキャラクターをはじめ、初音ミクやリラックマが、日本画とコラボレート。京都の絵師による肉筆画が並ぶ展覧会「ぼくらが日本を継いでいく -琳派・若冲・アニメ-」が、9月13日から25日にかけて京都・京都タカシマヤにて開催される。

このコラボは2015年に京都の工房・豊和堂が、現代のキャラクターを用いて琳派のオマージュ作品を制作したことから始まったもの。同じ京都にある細見美術館の館長・細見良行氏監修のもと手がけられた作品は、2015年に行われた「琳派オマージュ展」などで展示され好評を博していた。

「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」では過去に発表されたものから、伊藤若冲の作品などから着想を得て描かれた初公開の新作まで計35点を展示。「火の鳥×旭日に波濤」「ブラック・ジャック×富士烏」「リボンの騎士×東下り」「初音ミク×若冲鶏」 「リラックマ×軒端の梅」 といったタイトルが登場する。また9月13日に会場内では、細見氏によるトークショーも実施される。

ぼくらが日本を継いでいく -琳派・若冲・アニメ-

期間:2017年9月13日(水)~25日(月)
会場:京都タカシマヤ7F グランドホール
料金:無料

細見美術館館長 細見良行氏トークショー

日時:2017年9月13日(水) 11:00~、14:00~(各回約30分)

コミックナタリーをフォロー