手を重ねた人の最期の姿が視える救命士が主人公、スピリッツの新連載

111

キリエの新連載「4分間のマリーゴールド」が、本日5月15日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ24号(小学館)にて開幕した。

「4分間のマリーゴールド」扉ページ (c)キリエ/小学館

「4分間のマリーゴールド」扉ページ (c)キリエ/小学館

大きなサイズで見る(全3件)

「4分間のマリーゴールド」カット (c)キリエ/小学館

「4分間のマリーゴールド」カット (c)キリエ/小学館

キリエにとって初連載となる「4分間のマリーゴールド」は、救命士の花巻みことが主人公。画家である義姉の沙羅や、義兄の廉、義弟の藍と暮らすみことは、手を重ねた人の最期の姿が視えるという特殊な能力を持っていた。小学館の新人コミック大賞の青年部門で大賞を受賞した、キリエによる純愛ストーリーだ。

この記事の画像(全3件)

関連記事

関連商品

リンク