ヒバナに絵津鼓こと旭野登久が登場、「猫と男」テーマの読み切り描く

442

本日5月6日発売のヒバナ6月号(小学館)には、ゲストによる読み切りシリーズ「猫と男」に、絵津鼓こと旭野登久が登場している。

「スモール・グッド・シングス」扉ページ

「スモール・グッド・シングス」扉ページ

大きなサイズで見る(全4件)

「IN THE APARTMENT」「モアザンワーズ」などで知られる絵津鼓。今号では旭野登久として一般誌に初登場し、「スモール・グッド・シングス」というタイトルの読み切りを執筆した。物語の主人公は探偵事務所で働く青年・椎熊。上司と猫と過ごしていた事務所で、ある日椎熊は「好きなのか?」と、知らないおじさんに声をかけられ……。

また今号には、青鹿ユウ「今日から第二の患者さん」の描き下ろしミニ読み切りも掲載。5月12日には単行本が発売される。

この記事の画像(全4件)

絵津鼓のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 絵津鼓 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。