コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「とある科学の超電磁砲」10周年で外伝開始、まだまだ続く大王の新連載攻勢

146

「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の10周年を記念した作品「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」が、本日4月27日発売の月刊コミック電撃大王6月号(KADOKAWA)にてスタートした。

鎌池和馬原作・乃木康仁作画で描かれる同作は、常盤台中学に通う生徒たちを主役にしたスピンオフ。とある事件の参考人として、帆風潤子が風紀委員・白井黒子のもとを訪れるところから第1話は始まる。

ほかにも同号では、2本の新連載もラインナップ。晴十ナツメグ「あなたの勇者(ダンナ)浮気してますよ」は勇者の妻となった姫が夫の浮気相手と激しいバトルを繰り広げる異色ファンタジー、藤松盟「おにふたつ」では、宿主の望みに従って動く鬼・心鬼の存在が日常となった世界で心鬼を嫌う少年の物語だ。

大王は今号から新連載攻勢に入り、5月27日発売の7月号でも時雨沢恵一原作・郷作画「キノの旅 the Beautiful World」、むっしゅ「ふりだしにおちる!」、たなかのか「恋の撮りかた」が開始する。また6月27日発売の8月号でも、さぬいゆう原作・伊丹澄一作画「遊びたがりの霧生さん(仮)」、川浪いずみ「籠の少女は恋をする」、きあま紀一「魔王のかわいいヤマダはよいこ」という新連載3本が始まることが今号で発表された。

コミックナタリーをフォロー