コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ジョジョ展」ではマンガ本編の原稿を数多く展示!チケット情報も発表

2450

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」の展示イメージ。

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」の展示イメージ。

荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」の誕生30周年を記念した「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」の開催情報が、本日4月24日に都内で行われた制作発表会で公開された。

宮城県仙台市で開催されるイベント「ジョジョフェス in S市杜王町」の一環として、8月12日から9月10日まで実施される同原画展。会場となるのは2012年に実施された「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」と同様に、宮城県・せんだいメディアテークに決定した。原画展では仙台市がモデルとなった杜王町が登場する、第4部「ダイヤモンドは砕けない」、第8部「ジョジョリオン」をメインに、第1部から第8部までの原画を展示。カラー原画を多く展示してきたこれまでの原画展とは趣向を変え、マンガ本編のモノクロ原稿が数多く公開される。

チケットは平日券と8月14日から16日までを含む日にち指定の土日券の2種類に加え、「OWSON店舗風ペーパー収納BOX」の引換券付きチケットがラインナップされており、6月7日10時よりLoppiおよびローソンチケットのホームページにて、先着順で販売。ローソンチケットのホームページでは、8月12日から8月16日入場分のチケットの抽選販売を5月7日12時から5月15日23時59分まで行う。

制作発表会に出席した「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」実行委員会会長の伊藤敬幹仙台市副市長は、「前回の仙台における原画展の開催は東日本大震災の翌年の2012年でした」と振り返りながら、「これまで国内外の多くの皆さまのご支援をいただきながら、東日本大震災からの復興を進めてまいりました。その姿は『ジョジョ』第8部の主人公である東方定助が、本来の自分を見つけ、取り戻していくために力強く進んでいく姿に重ね合わせることができるのではないでしょうか。今回の展示は5年前から一新した内容でお届けします。『ジョジョ』第4部と第8部、2つの杜王町が楽しめる展示となるよう準備を進めておりますので、より多くの皆さまに楽しんでいただければ」とコメントした。なお「ジョジョフェス in S市杜王町」の開催2日目にあたる8月13日には、東京エレクトロンホール宮城にて、テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」で東方仗助役を演じた小野友樹らが出演するイベント「Bizarre Summer 2017」が開催される。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017

会期:2017年8月12日(土)~9月10日(日)※8月24日(木)は休館。
時間:10:00~19:00 ※最終入場は18:30
会場:せんだいメディアテーク6階ギャラリー
料金:大人2000円(前売1800円)、高校生以下1200円(前売1200円)、グッズ引換券付き3000円

コミックナタリーをフォロー