コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ReLIFE」ED曲で中川大志がラップ初披露!「海崎として思いを込めて」

84

中川大志演じる海崎新太。

中川大志演じる海崎新太。

夜宵草原作による実写映画「ReLIFE リライフ」のエンディングテーマとして、井上苑子がカバーするケツメイシの楽曲「さくら」。そのラップパートを、主演の中川大志が担当することが明らかになった。

中川は自らが演じる海崎新太としてラップを披露。発表とともに、中川のラップを劇中映像と併せて聴くことができる動画も公開されている。オファーを受けて本当にびっくりしたという中川は「今回、フィーチャリング海崎新太ということで、海崎として思いを込めて、井上苑子さんの歌声と、ケツメイシさんのこの曲をとにかく邪魔しないように、少しでも盛り上げられるように、一生懸命歌いました」とコメントを寄せている。

「ReLIFE」はマンガ・小説配信サービスのcomicoで連載中。映画は中川と日代千鶴役の平祐奈によるダブル主演で、4月15日に全国公開される。監督は「クローバー」「今日、恋をはじめます」などで知られる古澤健が務め、結末は映画オリジナルになる予定だ。

中川大志コメント

ある日突然プロデューサーさんから、「大志ラップできるか?」と聞かれまして、わけもわからず、ふたを開けてみたらまさか映画のエンディングテーマ「さくら」のラップを歌ってくれないかということでした。
これまでラップはあまりやったことがなかったので、このお話を聞いた時すごくビックリしました。
今回、フィーチャリング海崎新太ということで、海崎として思いを込めて、井上苑子さんの歌声と、ケツメイシさんのこの曲をとにかく邪魔しないように、少しでも盛り上げられるように、一生懸命歌いました。
この曲が、エンドロールで流れると思うと、もう夜も眠れません。とにかく、全力で歌いました。それだけです。

(c)2017「ReLIFE」製作委員会 (c)夜宵草/comico

コミックナタリーをフォロー