コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「魔法使いの嫁」いい声のお父さん役の正体は?種崎敦美、竹内良太が舞台挨拶に

638

左からエリアス、竹内良太、種崎敦美、シルキー。

左からエリアス、竹内良太、種崎敦美、シルキー。

ヤマザキコレ原作によるアニメ「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」の初日舞台挨拶が、本日2月4日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、羽鳥チセ役の種崎敦美、エリアス役の竹内良太長沼範裕監督が登壇した。

イベントには3名に加え、エリアスとシルキーのコスプレイヤーも登場。同作の「前篇」が公開された昨年8月以来の再会となるエリアスに、竹内は「ご無沙汰しております」と握手する。種崎もエリアスに「お久しぶりです」と挨拶すると、エリアスの後ろに隠れた竹内が「やあ、チセ。ごきげんよう」と返す一幕も。またシルキーの姿を見て、種崎は「もうずっと見ていたいです。美しい……!」と感嘆の声を上げていた。

「中篇」の公開にあたり、種崎は「森の図書館の感じも、絶対大きいスクリーンで観てほしいなとずっと思っていたので、今日を迎えられてうれしいです!」と笑顔を見せる。竹内は「中篇」ではエリアスの出番が多くないことに触れながらも、「エリアスと出会う前のチセのストーリーなので、僕としては聞き役としてチセを支えてあげながらずっと聞いているような雰囲気で演じさせていただきました」と述懐した。

長沼監督は「『後篇』はエリアスもルツもシルキーも出てきますので安心してください」とコメントしつつも、「竹内さんはアフレコ現場にも最初から最後までいていただいて。現場を見守ってくれてましたよね」と振り返る。「ずっといらっしゃるので、これはモブ役でもいいから声をあててもらったほうがいいんじゃないかと思いまして。結構いい声のお父さんがいたと思うんですけど……」と竹内がモブ役で登場していたことを明かす。しかし「あまりにもいい声過ぎて逆に目立ってしまいましたね(笑)。さすが竹内さん」と語り、会場を笑わせた。

これまで役を演じてきて変わった部分があるかという問いに、種崎と竹内は顔を見合わせながら「ないんです」と回答。種崎は「オーディションのときから何も変わってないんですけど、『魔法使いの嫁』の言葉の1つひとつが自分の中に染みていっている感じはあります。原作の1ページにある『厚いベールの裏……』というモノローグも、より濃くわかるようになってきている」と思いを述べる。また「後篇」の分までアフレコは終了しているとのことで、種崎は「『中篇』のポスターにも書いてある『君という星を、僕は待っていた。』という言葉がすごく染みていて。なので最後まで観ていただけたらうれしいです」と語った。

長沼監督は「中篇」は「前篇」よりも物語が動いていると説明し、「『後篇』は『後篇』でまた違ったテイストになるのかなと。なので『前』『中』『後篇』で違うテイストでアプローチしています」とコメントした。最後に竹内は「チセの過去としては胸が締め付けられるシーンがたくさんあるんですが、切ない部分があったからこそ、今のエリアスとチセたちの生活があるんだなと思います」と語る。また種崎は「セリフも背景も全部考えられて細かく作られているので、観るたびに発見があります。『後篇』の公開まで半年くらいありますが、原作と『前』『中篇』を何度でも観ていただいて、新しい発見をしつつ次を待っていただけたらうれしいなと思います」とメッセージを送った。

WIT STUDIOが制作を担当するアニメ「魔法使いの嫁 星待つひと」は、全3部作で展開。「魔法使いの嫁」の単行本6・7・8巻特装版にそれぞれOADが同梱され、「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」が付属する7巻特装版は、3月10日に刊行される。また「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」は本日より2週間限定にて全国の映画館にてイベント上映。さらに「魔法使いの嫁 星待つひと:後篇」は、8月19日よりイベント上映が行われることが決定した。なお公式サイトでは現在期間限定にて、「魔法使いの嫁 星待つひと:前篇」を無料配信している。

加えて本日2月4日には「『魔法使いの嫁』同人ラジオ」が公式サイトにて配信スタート。タイトルはまだ未定とのことで、種崎曰く「ラジオはこの作品の雰囲気に囚われずにやっていこうと……」と、自由なラジオであることを明かした。

アニメ「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」イベント上映

上映期間:2017年2月4日(土)から2週間限定

キャスト

羽鳥チセ:種崎敦美
エリアス:竹内良太
ルツ:内山昂輝
三浦理一:櫻井孝宏

スタッフ

原作:ヤマザキコレ(マッグガーデン刊)
シリーズ構成/監督:長沼範裕
脚本:高羽彩
キャラクターデザイン:加藤寛崇
音楽:松本淳一 
アニメーション制作:WIT STUDIO
配給:松竹メディア事業部
企画・製作:Production I.G

(c)ヤマザキコレ/マッグガーデン

コミックナタリーをフォロー